Mk48 (魚雷)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
整備中のMk48

Mk48は、アメリカ海軍が開発した魚雷潜水艦から運用する大型誘導魚雷である。

概要[編集]

Mk48は、先代のMk37魚雷および第二次世界大戦以来使われ続けてきたMk14魚雷から置換することを目的に開発された、対水上艦艇・対潜水艦兼用の魚雷である。発射は533mm(21in)の魚雷発射管から行われる。最も初期の型は1972年から、1988年からは能力向上型のADCAP型が配備されており、アメリカ海軍の潜水艦の主装備となっている。

Mk48の誘導システムは柔軟性に富んだ、洗練されたものということができ、攻撃に際して多様な選択肢をもたらしてくれる。大きく分けると、誘導方式は、魚雷本体のソナーのみによる探信/受聴(active/passive)誘導と、母艦からの有線誘導の2つである。後者では誘導ケーブルで魚雷と母艦を電子的に結合することにより、魚雷自身よりも捜索範囲が広い母艦側のソナーを用いて初期誘導を行うことができる。さらに、魚雷のソナーを母艦のいわば拡張された「耳」として利用することも出来るようになる。

魚雷の誘導アルゴリズムに任せるだけでなく、必要な場合には人間のオペレーターが介入することにより、例えば目標が囮や対抗手段を展開した場合でも、そうした妨害を排除して攻撃を続行することができる。また、発射された魚雷は事前のプログラムに従って捜索・捕捉および攻撃を行うが、一度で目標に命中しなかった場合でも自律的に再攻撃を行うことができる。

改良[編集]

海軍研究事務所英語版では2017年1月よりMk48 mod 7の射程を伸ばし「拡張射程兵器」として特徴付けるものに発展させるための試作魚雷推進システムの開発と実証を目的としたTorpedo Advanced Propulsion System(TAPS)の研究を進めている。方式としてはオットー燃料タービンエンジンおよびアルミニウム酸化物(Al-AgO)による電気推進が検討されている。代替の貯蔵化学エネルギー推進システム(SCEPS)については更なる検討の結果除外された[1][2]

要目(Mk48/ADCAP魚雷)[編集]

註:[]内は公称値

  • 種別:潜水艦長魚雷(Heavy weight torpedo for submarines)
  • 全長:5.79m
  • 直径:533mm
  • 重量:1,662.75kg
  • 弾頭:292.5kg 高性能爆薬(磁気信管付)
  • 射程(40kt/55kt)
Mk-48:約40.7km/約31.5km
Mk-48 ADCAP:50km/38km[3][4][5]
[8km以上]

出典[編集]

  1. ^ ONR to examine Otto fuel, Al-Ago battery technologies for extended range Mk 48 torpedo
  2. ^ Torpedo Advanced Propulsion System (TAPS)
  3. ^ Background Information: Mk 48 ADCAP - Underwater Warfare Systems - Janes Web page
  4. ^ MK-48 Torpedo - FAS Military Analysis Network "MK-48 Torpedo"
  5. ^ Torpedoes - FAST ATTACKS & BOOMERS "Torpedoes"

外部リンク[編集]