LUCK-KEY ラッキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
LUCK-KEY ラッキー
Luck-Key
監督 イ・ゲビョク
脚本 チャン・ヨンミ
原案 内田けんじ鍵泥棒のメソッド
音楽 パン・ジュンソク
配給 クロックワークス
公開 大韓民国の旗 2016年10月13日
日本の旗 2017年8月19日
上映時間 112分
製作国 大韓民国の旗 韓国
言語 朝鮮語
テンプレートを表示
LUCK-KEY ラッキー
各種表記
ハングル 럭키
題: 原題:Luck-Key
テンプレートを表示

LUCK-KEY ラッキー』(原題:럭키)は、2016年韓国映画内田けんじ監督の『鍵泥棒のメソッド』の韓国版リメイク作品である。韓国コメディ映画史上最速で観客動員数500万人を突破した。[1]

ストーリー[編集]

「伝説の殺し屋」として知られるヒョンウク(ユ・ヘジン)は仕事帰りの銭湯で石鹸を踏んで転び頭を強打し、記憶喪失となってしまう。偶然その場に居合わせた売れない役者のジェソン(イ・ジュン)はロッカーの鍵をすり替え、ヒョンウクは売れない役者ジェソンとして生きることになる。元来の完璧主義ぶりを発揮し、役者として徐々に頭角を表すヒョンウク。一方でジェソンは殺しの依頼と知らずにかかってきた電話をとってしまったことでトラブルに巻き込まれようとしていた。

キャスト[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1]」公式サイト 2021年7月17日