LIFE a ryuichi sakamoto opera 1999

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

LIFE a ryuichi sakamoto opera 1999』(ライフ・ア・リュウイチ・サカモト・オペラ・いちきゅうきゅうきゅう)は、1999年坂本龍一が行ったオペラの名称。

解説[編集]

  • 坂本龍一初のオペラ公演で、構想・作曲・指揮を坂本自身が行っている。
  • 公演は朝日新聞創刊120周年記念とテレビ朝日開局40周年記念を兼ねたイベントでもあった。
  • アドバイザーは浅田彰。
  • テーマは「共生」。
  • 元々坂本はオペラが嫌いだった(太ったおばちゃんが10代の小娘を演じるなど)。しかし、「オペラ」の言葉の意味が「opera(作品)」=「opusの複数形」であることを知り、マルチメディア(音楽と映像)と連想させるものであることから、坂本の考えるオペラを構想。坂本の嫌いな従来のオペラをそぎ落とした結果が表現されている。
  • 20世紀音楽史を坂本なりに閉じる目的もあった。
  • オペラを構築するため、20世紀音楽を回顧したところ、100年後に19世紀のベートーヴェンやブラームスのように聴かれていく曲が20世紀にはないだろう、あるとしても武満徹かビートルズくらいで、総じて20世紀にはたいした曲が生まれなかったと分析している。[1]

公演後[編集]

インスタレーション作品[編集]

高谷史郎と共に、オペラ「LIFE」をベースにしたインスタレーション作品「LIFE - fluid, invisible, inaudible...」を制作[2]、展示。

DVD、ビジュアルブック[編集]

DVD

2008年5月28日 「LIFE - fluid, invisible, inaudible...」の発売[8][9]

ビジュアルブック

2010年12月9日 『LIFE-TEXT』発売。オペラ「LIFE」とインスタレーションのまとめ[注釈 1]

リリースされたアルバム[編集]

日程[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 坂本龍一+高谷史朗「LIFE」のテクストを〈読む〉。オペラ(1999年)ならびにインスタレーション(2007年)使用テクストを集成[10]
    • 音楽史の転換点に立って—Opera「LIFE」の位置(坂本龍一+浅田彰)
    • Installation「LIFE ‐ fluid, invisible, inaudible…」をめぐって(Installation「LIFE ‐ fluid, invisible, inaudible…」への序(浅田彰))
    • Installation「LIFE ‐ fluid, invisible, inaudible…」アーティスト・トーク(坂本龍一+高谷史朗、モデレーター:浅田彰)
    • Opera「LIFE」の語るもの—解説に代えて(浅田彰)

出典[編集]

  1. ^ アルバム『US』より。
  2. ^ 坂本龍一; 忌野清志郎; 筑紫哲也 (1999年10月15日). “坂本龍一・忌野清志郎と語るオペラ「LIFE」パンク「君が代」--時代と歌”. 金曜日. 創刊6周年特別企画 筑紫哲也編集のページ (1) 7 (39 通巻293): 9-17. 
  3. ^ laptop concert (new installation: Ryuichi Sakamoto + Shiro Takatani "LIFE - fluid, invisible, inaudible ..." commisioned by YCAM”. 山口情報芸術センター (2007年3月10日). 2018年2月2日閲覧。
  4. ^ Sakamoto, Ryūichi、Takatani, Shiro、Yamaguchi Center for Arts and Media (編)、NTT インターコミュニケーション・センター (編) 『Life : fluid, invisible, inaudible--』 NTT Publishing、2007年ISBN 9784757170360OCLC 434880286
  5. ^ a b c d NTTインターコミュニケーション・センター〔ICC〕において坂本龍一氏と高谷史郎氏のコラボレートによる企画展「LIFE - fluid, invisible, inaudible ...」を開催!”. 東日本電信電話株式会社 (2007年8月3日). 2018年2月2日閲覧。
  6. ^ 坂本龍一、浅田彰「20世紀音楽史の終わりに--オペラ《LIFE》に寄せて〔対談〕」、『Inter Communication』第10巻1 (通巻35)、2001年1月1日、 18-26頁、 ISSN 0918-3841OCLC 5179104784
  7. ^ 坂本龍一、浅田彰 (編集)、柄谷行人 (編集)「討議 20世紀音楽史の終わりに オペラ『LIFE』の位置 坂本龍一+浅田彰」、『批評空間』II-23、太田出版1999年1月1日、 148-161頁。
  8. ^ Ryuichi Sakamoto + Shiro Takatani. Life - fluid invisible inaudible. Commons; エイベックス・マーケティング(発売).. OCLC 675226059 
  9. ^ 坂本龍一、高谷史郎、後藤繁雄「スペシャル対談 LIFEからLIFEへ」、『Inter communication』第17巻1 通巻63、2008年、 5-15頁、 ISSN 0918-3841OCLC 5179118951
  10. ^ 坂本龍一、高谷史郎、浅田彰 (監修 )「LIFE-TEXT」、NTT出版、2010年ISBN 9784757170421