LIFE a ryuichi sakamoto opera 1999

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

LIFE a ryuichi sakamoto opera 1999』(ライフ・ア・リュウイチ・サカモト・オペラ・いちきゅうきゅうきゅう)は、1999年坂本龍一が行ったオペラの名称。

解説[編集]

  • 坂本龍一初のオペラ公演で、構想・作曲・指揮を坂本自身が行っている。
  • 公演は朝日新聞創刊120周年記念とテレビ朝日開局40周年記念を兼ねたイベントでもあった。
  • アドバイザーは浅田彰。
  • テーマは「共生」。
  • 元々坂本はオペラが嫌いだった(太ったおばちゃんが10代の小娘を演じるなど)。しかし、「オペラ」の言葉の意味が「opera(作品)」=「opusの複数形」であることを知り、マルチメディア(音楽と映像)と連想させるものであることから、坂本の考えるオペラを構想。坂本の嫌いな従来のオペラをそぎ落とした結果が表現されている。
  • 20世紀音楽史を坂本なりに閉じる目的もあった。
  • オペラを構築するため、20世紀音楽を回顧したところ、100年後に19世紀のベートーヴェンやブラームスのように聴かれていく曲が20世紀にはないだろう、あるとしても武満徹かビートルズくらいで、総じて20世紀にはたいした曲が生まれなかったと分析している。[1]

公演後[編集]

リリースされたアルバム[編集]

日程[編集]

外部リンク[編集]

参照[編集]

  1. ^ アルバム『US』より。