L-19 (潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
艦歴
発注 レニングラードオルジョニキーゼ第189海軍造船所/ウラジオストク第202造船所
起工 1935年12月26日
進水 1938年5月25日
就役 1939年11月4日
退役
その後 戦没:1945年8月24日
除籍 1958年4月3日
性能諸元
排水量 水上:1,120トン
水中:1,425トン
全長 85.3m
全幅 7.0m
吃水 4.05m
機関 水上:BM6式ディーゼル機関2基
水中:PG-9式電気モーター2基
2軸推進
最大出力 水上:2,200hp
水中:1,300hp
最大速力 水上:15.0ノット
水中:9.0ノット
航続距離 水上:10ノット/10,000海里
燃料 重油:-トン
乗員 55名
兵装 B-24 1936年型 10cm(51口径)単装速射砲1基
21-K 1934年型 4.5cm(46口径)単装高射砲1基

53.3cm水中魚雷発射管単装8門(前部6門、後部6門、予備魚雷18本)
機雷18発

L-19ロシア語: Л-19、エール・ヂヴィナーッツァチ)は、ソ連海軍所属の機雷敷設潜水艦である。

概要[編集]

本艦と同型艦の「L-4 Garibaldiec」

建造[編集]

1935年12月26日、L-19はレーニネツ級潜水艦第XIIIシリーズの7番艦として第189工場で起工された。翌1936年にはウラジオストク第202工場に建造場所を移され、1938年5月25日には進水1939年11月4日には赤色海軍太平洋艦隊に編入された。

作戦行動[編集]

  • 1945年8月19日、留萌沖近海に向かった。21日から、任務は偵察や敵艦攻撃。
  • 1945年8月22日、第二号新興丸(2,700トン)が雷撃及び砲撃により大破した。
  • 1945年8月22日、泰東丸(877トン)が砲撃により撃沈しました。

沈没[編集]

L-19は礼文島沖合で通信を行ったのを最後に消息を絶ち、行方不明となった。宗谷海峡にて機雷により沈没、乗員(64人)は全員戦死 何らかの理由で沈没したものと推定されている[1]

捜索[編集]

宗谷海峡周辺では、操業中の漁船が金属片を巻き上げたことがあるなどから沈没船の存在が知られていたほか、サハリンプロジェクトの調査船も海底付近で船影らしき存在を確認してきた。なお、同海域では、1943年アメリカ海軍の潜水艦ワフー (SS-238 Wahoo) も沈没しており、両者を取り違えている可能性もある。

2005年ロシア海軍太平洋艦隊は、艦隊創立60周年の節目にあたり調査船イースクラによりを捜索海域に派遣、水中音波探知機などを使い海底調査を行ったが空振りに終わった。2006年6月には、大型揚陸艦ペレスヴェート海洋観測艦GC-47、イースクラによりL-19の追悼式典が行われている。[2][3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • Morozov M. E., Kulagin K. L. Pervie podlodki SSSR. "Dekabristi" i "Lenintsi". - M. : Yauza, Eksmo, 2010 p. 152-153, ISBN 978-5-699-37235-5.
  • 木俣滋郎『撃沈戦記 PART IV』朝日ソノラマ〈新戦史シリーズ〉、1993年。ISBN 4-257-17255-X

関連項目[編集]

外部リンク[編集]