Kel-Tec KSG

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Kel-Tec KSG
Kel-Tec KSG.jpg
照準器を取り付けたKSG
概要
種類 散弾銃
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設計・製造 Kel-Tec CNC英語版
性能
口径 12口径
銃身長 47cm
作動方式 ブルパップ方式ポンプアクション
重量 3.1kg
テンプレートを表示

Kel-Tec KSGは、アメリカ合衆国Kel-Tec CNC英語版社が生産している12口径ブルパップ方式ポンプアクション散弾銃である。 警備用・保身用として開発された。切り替え可能な2つのチューブマガジンを持つのが最大の特徴であり、手動で切り替えることで2種類のショットシェルを使い分けることが可能とされる[1]

構造[編集]

バレルロックは、ボルトの上部にあるスイングウェッジによって行われ、バレルエクステンションに係合する。 銃身の下に備えた2つのチューブマガジンから供弾される。チューブマガジンが2つあることで単純に装弾数を増やすだけでなく、後述の通り撃ち分けを行うことが可能である。

給弾はピストルグリップの後ろにある3ポジションレバーを切り替えて、手動でマガジンを選択する必要がある。レバーを片側に切り替えることで、それぞれのマガジンから給弾される。 1つのマガジンが空になった場合、マガジン選択レバーをもう一方のマガジンに手動で切り替えるか、空のマガジンにショットシェルを装填する必要がある[1]

また、2つのチューブマガジンを有することを利用し、それぞれのチューブマガジンに別の種類のショットシェルを装填することにより、3ポジションレバーを切り替えるだけで、散弾とスラッグ弾を必要に応じて撃ち分けるなど、発射するショットシェルの撃ち分けをする芸当が可能である。

また、3ポジションレバーを中央にすることで、マガジンからの給弾を停止し、薬室に直接手動で1発装填できる。

ショットシェルは、銃底、ピストルグリップの後ろにある大きな装填/排出ポートからマガジンに装填される。 この方式をとることで、左構え・右構えどちらでも射撃しやすい銃となっているが、空薬莢が同じポートから排出されるため、熱せられた薬莢が腕に当たるのが欠点とされる。 照準器は、バレルの上にある標準のピカティニーレールを使用することで装備ができる。 2本目のピカティニーレールはスライドフォーエンドの下部にある[2]

各チューブには合計7個の2.75インチ (70 mm) 12口径ショットシェルまたは6個の3インチ (76 mm) ショットシェルを装填できる。

Kel-Tec CNCは、銃身・チューブマガジンを延長させた派生型「KSG25」を開発し、装弾数を7×2+1の15発から12×2+1の25発に増強したものを開発した。[3]

また、チューブマガジンを1本に減らし、軽量化を図った「KS7」も販売されている。

運用国[編集]

第707特殊任務大隊[要出典]
フランス国家警察特別介入部隊[要出典]
SASおよび一部の民間軍事会社[要出典]

改良[編集]

KSGが2011年に発売されて以来、セレクタースイッチの破損、二重給弾といった構造上の問題点が指摘された。 Kel-Tec CNCはこれらの問題を解決した改良品を迅速に開発し、初代KSGを無料でアップグレードすることも提案した。

そのほかの改善点として、トリガーリセット、小さなシェルチューブの覗き穴、およびアクションリリースの修正が含まれげおり、使い勝手の改善がなされた[4]

脚注[編集]

登場作品[編集]

映画[編集]

ジョン・ウィック
主人公が敵から鹵獲して使用した。

ゲーム[編集]

ソードアート・オンライン・フェイタル・バレット
劇中登場人物「ユナ」がKel-Tec KSG風の銃器を使用。
ドールズフロントライン
萌え擬人化である戦術人形「Am KSG」として登場。ゲーム中では実際に戦術人形がKSGを使用している。

外部リンク[編集]