KTM・690デューク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
KTM・690デューク
Ktm-690-duke-(duke3)-lc4-2008.jpg
2008年通常モデル
基本情報
排気量クラス 大型自動二輪車
メーカー オーストリアの旗KTM
エンジン 653cm3 4ストローク
水冷OHC4バルブ単気筒
内径x行程 / 圧縮比 102mm x 84.5mm / 12.6:1
最高出力 50kW 65HP/7,500rpm
最大トルク 70Nm / 5,500rpm
車両重量 (半乾燥)149.5kg
テンプレートを表示

690デューク690 Duke)は、KTM Sportmotorcycle AG2008年から製造するネイキッドバイク。KTM・125デュークから続くモタードのような走りを目指したストリートファイターとして設計されている。2010年から軽量化やアクセサリ等を追加したRモデルが併売されている。

概要[編集]

LC4エンジンと呼ばれる水冷単気筒エンジンを積んだバイクで、現行量産バイクとしては最大級の単気筒エンジンを積んでいる。単気筒エンジンではあるが、低回転領域の大トルクを生かしてゆっくり走るエンジンではなく逆にどんどん回転数を上げて走るように仕上がっており、さらに単気筒エンジンのメリットである軽さと幅の狭さを生かした「軽くて走る」バイクとなっている。

デビュー当初は外観としてはスーパーモタードに近いものであった。また排気量もデビュー当初は654ccだったが、2010年モデルで690ccへアップされた。2012年で外観を含めてフルモデルチェンジし、ネイキッドバイクそのものに近づき、低回転では走りにくい特性だったエンジンも改良して、ストリートユースでより走りやすくなった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 690 DUKE”. 2015年1月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]