KTM・1190RC8

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
KTM・1190RC8
KTM 1190 RC8.jpg
基本情報
排気量クラス 大型自動二輪車
メーカー オーストリアの旗KTM
エンジン 1195cm3 
水冷4ストロークDOHC4バルブ75°V型2気筒
内径x行程 / 圧縮比 10.5mm x 69mm / 13.5:1
最高出力 129kW (175PS)/10,250rpm
最大トルク 127Nm/8,000rpm
車両重量 184kg
2014年日本向け R 仕様
74kW 101HP/ 6500rpm・110Nm / 6000rpm
テンプレートを表示
KTM RC8R

1190RC8(1190アールシー8)は、2008年よりKTM Sportmotorcycle AGが製造する、4ストローク1195ccのオートバイである。同社が製造するオートバイの中で最も高いエンジン性能、走行性能を有し、同社のスーパースポーツ分野でのイメージ牽引を担う。2010年にはRモデルが新設され、併売という形をとっていたが現在はRモデルのみがラインナップに残っている。

概要[編集]

軽量な車体に水冷Vツインエンジンを搭載した1000ccクラスのスーパースポーツである。キスカデザインによる大胆でアグレッシブな造形を持ち、外装のほとんどはつや消し処理がしてある。 低回転から高回転までフレキシブルで扱い易いエンジン特性を持ち、レーサータイプとしてはハンドルが高く楽なポジションも相まって非常に乗りやすいキャラクターが与えてある。 乗車フィーリングはまるでモタードバイクにカウルを取り付けたような独特なフィーリングを持ち、リッターSSとしてはライディングの自由度は大変高く、車体が軽量であることもあり、ウィリー走行ドリフト走行などを行うエクストリーム系のライダーに好まれる特性を持っている。

Hamaguchiばくおん!!レーシングチームのRC8R

レース戦績[編集]

  • 2010年、ドイツスーパーバイク選手権では、その基本性能の高さを遺憾なく発揮し、マニファクチャラーズタイトルを獲得した。
  • 2014年、HAMAGUCHIレーシングチームが鈴鹿8時間耐久ロードレースに出場。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]