HTTP 451

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

HTTP 451、またはエラーメッセージ Unavailable For Legal Reasons(「法的理由により取得不能」の意)は、HTTPプロトコルのエラー・ステータスコードの一つ。これは、政府検閲されたウェブページのような、違法なリソースをユーザが要求したときに表示される[1]。その451という数字は、書籍が違法化された世界を描く1953年のディストピア小説『華氏451度』にちなんでいる[2]。HTTP 451 は HTTP 403(閲覧禁止)の、より狭義な変形といえる[3]

HTTP 451 が表示される具体例として、安全保障上危険とみなされるウェブページ、著作権侵害プライバシー侵害、不敬罪、そのほか法や裁判所命令への違反となるウェブページが挙げられる。

このステータスコードは2015年12月18日に IESG で承認された[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “政府の検閲で消されたページを示す「451エラー」がスタート”. GIGAZINE (株式会社OSA). (2015年12月22日). https://gigazine.net/news/20151222-http-status-code-451/ 2022年2月19日閲覧。 
  2. ^ Flood, Alison (2012年6月22日). “Call for Ray Bradbury to be honoured with internet error message”. The Guardian. http://www.guardian.co.uk/books/2012/jun/22/ray-bradbury-internet-error-message-451 2015年12月20日閲覧。 
  3. ^ Ducklin, Paul (2013年8月19日). “HTTP error code 451: "Unavailable For Legal Reasons"”. Naked Security. Sophos. 2015年12月20日閲覧。
  4. ^ Why 451?” (2015年12月18日). 2015年12月20日閲覧。

外部リンク[編集]