Glass Heart Princess

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Glass Heart Princess
ジャンル 女性向け恋愛アドベンチャーゲーム
対応機種 PlayStation Portable
発売元 オトメイト
人数 1人
メディア UMD
発売日 日本の旗 2012年12月20日
2013年11月7日(FD)
対象年齢 CEROB(12才以上対象)
売上本数 7,614本[1]
テンプレートを表示

Glass Heart Princess』(グラスハートプリンセス)は、オトメイトから2012年12月20日に発売されたPlayStation Portable恋愛アドベンチャーゲーム。ファンディスク『Glass Heart Princess:PLATINUM』(グラスハートプリンセス プラチナム)が2013年11月7日発売。

解説[編集]

心臓の奇病を患ったヒロインが、その治療法として男性たちとデートを繰り返して自らの心臓を鍛える乙女ゲーム。多様なシチュエーションでデートイベントを楽しみたいというユーザーの意見から、個別ルートを除くシナリオの大半がデートイベントで占められている[2]

2013年11月7日に発売されたファンディスク『Glass Heart Princess:PLATINUM』では、後日談のほか、リゾート地でのひと時を描いた『南国リゾート編』や、男性キャラクターとのデートストーリー、電撃Girl's Styleに掲載されていた男性キャラクター視点のサイドストーリーのフルボイス版などが収録されている。

ストーリー[編集]

主人公・姫乃京子は、心拍数が一定数を超えると死ぬ奇病"硝子の心症候群(グラスハート・シンドローム)"を患ってしまった。心拍数が一定数を超えるということは、ドキドキするということと同じ意味だった。京子は、あえて心をときめかせることで、心臓を鍛えようという考えにたどり着き、恋をすることにした。

システム[編集]

FLFエフェクト
真之介以外のキャラクターのCGが初めて現れた時、画面上にキューピッドとハートが現れる。アナログスティックでキューピッドを操作して矢を放たたせ、うまくハートに刺さると、そのキャラクターの攻略ルートに進む。
グラスハートエフェクト
画面上に心拍数(ハートビートメーター)が表示され、感情によって心拍数は左右する。限界心拍数を超えるとゲームオーバー。なお、即死するイベントもある。
デートイベント
その週の初めに発生するデートイベントを選択することで毎週日曜日にデートを行うことが可能。
デートには2・3の選択肢が存在し、選択の方法によって評価や獲得できる経験値が左右される。
訓練パート
週3回行われる心を鍛えるパートで、"トレーニング系"と、"講座系"と""休息系"の3つで構成されている。複数回行われることで、内容が強化していく訓練もある。
トレーニング系
体力鍛錬を行う。
講座系
漫画などを通じて恋愛の知識を得る。恋愛の知識を得ることで、ときめきイベントへの耐性が上がる。
休息系
一時的に心拍数を下げる訓練。

登場人物[編集]

メインキャラクター[編集]

姫乃京子(ひめの きょうこ)※変更可
- なし
主人公。
柾木真之介(まさき しんのすけ)
声 - KENN
京子の執事。ヘタレだが有能。
烏丸幸斗(からすま ゆきと)
声 - 鈴木達央
京子の学園に昨年転校してきた少年。周りの感覚についていけず、不良じみた行動をとるが、女子生徒たちからの人気は高い。
朝比奈天馬(あさひな てんま)
声 - 羽多野渉
京子の学園で保健医・食堂の料理人・用務員をこなす男性。明るい色の髪をしているが、前髪の一部が黒い。
星野彼方(ほしの かなた)
声 - 宮田幸季
京子が伝説の樹の前で出会った少年。年齢不詳かつ変わった性格で、肩にエイリアンのぬいぐるみをつけている。正体は地球外から来訪した少年型アンドロイド。

サブキャラクター[編集]

道明寺凱(どうみょうじ がい)
声 - 松岡禎丞
京子の婚約者である10歳の少年[注 1]。長い前髪で目が隠れている。
ファンディスクでは成長した姿がみられる。
姫乃門治(ひめの もんじ)
声 - 稲葉実
京子の父。
千賀皐月(ちが さつき)
声 - 本多真梨子
京子のメイド。オタクで、漫画や映画を京子に勧める形で彼女の恋愛を応援している。
訓練パートの"講座系"では講師役を務める。
黒江兼定(くろえ かねさだ)
声 - 滝知史
ジーノ
声 - 増元拓也
愛佳(まなか)
声 - 種田梨沙
京子の後輩。
美羽(みう)
声 - 大西沙織
京子の後輩。
早希(さき)
声 - 持月玲依
京子の後輩。
鷲崎 篝(わしざき かがり)
声-岸尾だいすけ
幸斗の大叔父の孫。明るく礼儀正しいが極度のナルシスト。
星野此方(ほしの こなた)
声 - 名塚佳織
彼方の肩についていたエイリアンのぬいぐるみ。ぬいぐるみの正体は彼方のオペレーション装置だが、此方本人は母星にいる。彼方とは対照的にまともな性格。

主題歌[編集]

(全作詞 - 磯谷佳江 / 全作曲・編曲 - 小野貴光

Glass Heart Princess[編集]

オープニングテーマ「Steel Your Heart」
歌 - Glass Heart Prince[柾木真之介(KENN)、烏丸幸斗(鈴木達央)、朝比奈天馬(羽多野渉)、星野彼方(宮田幸季)]
エンディングテーマ「恋色ミラクル」
歌 - Glass Heart Prince[柾木真之介(KENN)、烏丸幸斗(鈴木達央)、朝比奈天馬(羽多野渉)、星野彼方(宮田幸季)]

Glass Heart Princess:PLATINUM[編集]

オープニングテーマ「Dream Days!」
歌 - 柾木真之介(KENN)、道明寺凱(松岡禎丞)[3]
エンディングテーマ「恋色フォーエバー」
歌 - 柾木真之介(KENN)、道明寺凱(松岡禎丞)[3]

モバイル[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、門治が言っただけなので、強制力はないが、本人は婚約者であることを自覚している

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『ファミ通ゲーム白書2013 補完データ編(分冊版)』 エンターブレイン2013年2016年3月5日閲覧。
  2. ^ 胸キュン厳禁! 学園のマドンナ生活は危険がいっぱい!? オトメイトのPSP用女性向け恋愛AVG『Glass Heart Princess』は12月20日発売”. Girl-Style (2012年10月18日). 2014年7月4日閲覧。
  3. ^ a b 電撃Girl's Style2013年8月号』、アスキー・メディアワークス、2013年7月。

外部リンク[編集]