Samsung Galaxy Note 8

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Galaxy Note 8から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
Samsung Galaxy Note 8
Galaxy Note 8 Logo.svg
Samsung Galaxy Note 8.png
ブランド Samsung Galaxy
製造者 サムスン電子
キャッチコピー できることは、もっとある。(日本国内向けモデルにおいて)
Galaxy Note Samsung Galaxy Note
モデル SM-N950x
(末尾の文字はキャリアなどによって異なる)
販売開始日 2017年9月15日
販売地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
日本の旗 日本など
先代機 Samsung Galaxy Note 7
Samsung Galaxy Note FE
後継機 Samsung Galaxy Note 9 Samsung Galaxy S 9 Galaxy S 9+
関連機種 Samsung Galaxy S8/S8+
Samsung Galaxy A8/A8+ (2018)
フォームファクタ ファブレット
形状 スレート
寸法 162.5 mm (6.40 in) x 74.8 mm (2.94 in) x 8.6 mm (0.34 in)
重量 195 g (6.9 oz)
OS Android 7.1.1 "Nougat"Samsung Experience 8.5→ Pie 9.0、One UI 1.0
SoC
CPU
  • Exynos: Octa-core (4×2.3 GHz M2 Mongoose & 4×1.7 GHz) Cortex-A53 (GTS)
  • Snapdragon: Octa-core (4×2.35 GHz & 4×1.9 GHz) Kryo
GPU
メインメモリ 6 GB LPDDR4X RAM
ストレージ
  • グローバルモデル: 64, 128 or 256 GB
  • アメリカ向けモデル: 64 GB
  • 日本向けモデル: 64 GB
メモリーカード microSDXC, expandable up to 256 GB
電池 取り外し不可 3300 mAh
入力方式

Sensors:

ディスプレイ 6.3 inches (160.5 mm) QHD+ Super AMOLED 2960 x 1440 1440p (521 ppi)
背面カメラ デュアルピクセル 12 MP (Wide-angle f/1.7 + Telephoto f/2.4) with 2× オプティカルズーム, Dual OIS with Dual Pixel autofocus, 4K video recording at 30fps, 1080p at 60fps, 720p at 240fps
前面カメラ 8 MP, f/1.7, autofocus, 1/3.6" sensor size, 1.22 µm pixel size, 1440p at 30fps, dual video call, Auto HDR
接続 USB Type-C (USB 3.1 Gen1)
3.5φ イヤホン マイク 端子
その他 Sペン(スタイラス
ウェブサイト www.samsung.com/global/galaxy/galaxy-note8/
出典 [1][2]

Samsung Galaxy Note 8 (サムスン ギャラクシー ノート エイト)は、サムスン電子が開発・製造・販売したスマートフォンファブレット)端末。2017年8月23日にSamsung Galaxy Note 7[注 1]の後継機種として発表され、2017年9月15日に発売を開始した。

先行機種に比べ、コア仕様やSペン(スタイラスペン)が改善された。Galaxy S8+と外見やサイズは類似しているが、CPUの性能は向上している。また、サムスンのスマートフォンとしては初めて、メインカメラに広角レンズ望遠レンズの二種類のカメラユニットを搭載したデュアルカメラシステムを搭載しており、二つのカメラユニットはいずれも約1200万画素であり、また光学式手ぶれ補正機構を備えている。

Sペンは感圧性が向上した。またソフトウェアの面では、Always On Displayという機能を利用して画面ロック時にもメモを取ることが可能となったことや、Sペンを用いて描いた軌跡をGIFアニメーションとして保存し送信できる「Live Message」機能、翻訳機能の向上が特色として挙げられる[3]

日本では、当機種の日本向けモデルとしてドコモからはSC-01K(現在、在庫切れ状態)として発売され、auからはSCV37として発売された[4]。また、他の国とは異なり日本向けの同名の端末にはSIMフリーモデルは存在しない。

その他機能、特徴[編集]

Galaxy SGalaxy S7edge等)シリーズと同様、SmartSwitch Mobileというデータ移行とバックアップ機能備えたツールアプリに対応している。

サムスンによるGalaxyシリーズ専用のアカウントサービスGalaxyアカウントに対応している。個人のデータファイルを保護できるセキュリティフォルダ機能を搭載。

プレイしているゲームのプレイを動画としてキャプチャーできるゲームセンターという新機能を搭載している[5]

端末を充電をさせる場合はUSB(type-C)ケーブル(typeCへの変換USBケーブルを含む)とACアダプター(一体型、ACアダプター単体を含む)とワイヤレスチャージャーの充電機能のQiによる専用パッドの上に置いて無線で充電をするという方法がある。充電をしながら USBハブ を使うにはQiの無線充電機能で充電する以外には方法は他に無いため、その点は注意するべきポイントだろう。

周辺機器[編集]

gear 360°[6]というウェアラブルカメラバーチャルリアリティが体験できるGear VR[7]ゴーグルという周辺機器に対応してる。(詳しくは公式サイトを参照[8]Samsung DeXのDeX Stationに対応している。

同梱されている付属品[編集]

Galaxy note8本体 、テレビアンテナケーブル、Sペン(ミッドナイト ブラック または メープル ゴールド )、SIM取り出しツール、AKGチューニングマイク付高音質イヤホン、、Sペン交換キット、OTG対応USB変換アダプタ(ベトナム製)、MicroUSBケーブル( 主にパソコン版のSmart Switchという管理アプリでパソコンにデータ転送をする事や端末のソフトウェアアップデートのやり取りに用いる )、専用のクリアケース

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 一部の国において発熱からの発火現象によって爆発事故が起きた騒動に伴う非常事態により販売停止が余儀なくされ、購入された全ユーザーに対し、事故端末の回収のためのリコールを呼び掛けた事もあり。それ以来、現在は欠番扱いとなっている。

出典[編集]

  1. ^ Specifications of Samsung Galaxy Note 8”. Samsung. 2019年7月4日閲覧。
  2. ^ Galaxy Note 8 Specs”. GSMArena. 2019年7月4日閲覧。
  3. ^ A Look at the Galaxy Note 8’s New & Improved Software Features”. xdadevelopers (2017年8月23日). 2019年7月4日閲覧。
  4. ^ “「Galaxy Note8」がauから10月26日発売 本体価格は12万円弱”. ITmedia Mobile. (2017年10月11日). https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1710/11/news087.html 2019年7月4日閲覧。 
  5. ^ パフォーマンス - 10nm AP, 6GB RAM | Galaxy Note8 | スマートフォン”. Galaxy Mobile Japan 公式サイト. 2019年7月3日閲覧。
  6. ^ Galaxy Gear 360 | ウェアラブル”. Galaxy Mobile Japan 公式サイト. 2019年7月3日閲覧。
  7. ^ Gear VR | ウェアラブル”. Galaxy Mobile Japan 公式サイト. 2019年7月3日閲覧。
  8. ^ Galaxy Note8 | スマートフォン”. Galaxy Mobile Japan 公式サイト. 2019年7月3日閲覧。

関連項目[編集]