ウェアラブルカメラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ウェアラブルカメラとは身体等に装着しハンズフリーで撮影する事を目的とした小型カメラの総称。スポーツカムアクションカムアクションカメラとも呼ばれている。

特徴[編集]

通常のビデオカメラとは違い小型で軽量な為、ヘルメットやバンド等に装着することによってヒト動物の身体に纏うことが可能である。また自転車バイクのハンドル、サーフボードスノーボード等、乗り物の先端などに取り付けて撮影することもできる。過酷な環境で使用するため耐衝撃性や防塵防水性を高め、用途に応じて多種多様なマウントやアクセサリーキットが用意されている[1]

主なウェアブルカメラ[編集]

GoPro
スピアフィッシングマスクに装着したGoPro HD
  • HD HERO4シリーズ
    • HD HERO4:Black Edition
    • HD HERO4:Silver Edition
    • HD HERO4:Session
  • HD HERO3シリーズ
    • HERO3 White Edition
    • HERO3+ Black Edition
    • HERO3+ Silver Edition
SONY
  • HDR-AS15
  • HDR-AS30V
  • HDR-AS100V
Panasonic
他社のウェアブルカメラとは違い、本体とカメラ部分が分かれているのが特徴。
  • HX-A100
  • HX-A500 - 4K対応。
JVCケンウッド ADIXXIONシリーズ
自転車用ヘルメットに装着したJVCケンウッド ADIXXION GC-XA1
  • GC-XA1
  • GC-XA2
RICOH
  • WG-M1
Kodak
  • SP360 - 全天魚眼レンズの360°全方位視野を持つ世界初のウェアラブルカメラ。

出典[編集]

  1. ^ 日本経済新聞 2016年3月12日夕刊 8面

関連項目[編集]

外部リンク[編集]