gRPC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
gRPC
開発元 Google
初版 2016年8月
最新版
1.29.1
リポジトリ ウィキデータを編集
プログラミング
言語
Android Java, C#, C++, Dart, Go, Java, Kotlin/JVM, Node.js, Objective-C, PHP, Python, Ruby
種別 リモートプロシージャコール
ライセンス Apache License 2.0
公式サイト grpc.io
テンプレートを表示

gRPC (gRPC Remote Procedure Calls[1]) は、Googleが開発を開始したオープンソースリモートプロシージャコール (RPC) システムである。gRPCは、HTTP/2をトランスポートとして利用し、Protocol Buffersインタフェース記述言語として利用する。gRPCは認証や双方向のストリーミング、フロー制御、ブロッキングとノンブロッキングのバインディング、取り消しとタイムアウトといった機能を提供している。多くの言語でクロスプラットフォームのクライアントとサーバーのバインディングが利用できる。最も一般的な利用シナリオとしては、マイクロサービス型のアーキテクチャーにおける接続サービスや、モバイルデバイスの接続、バックエンドサービスへのブラウザーからの接続がある[2]

gRPCを利用するプロジェクトと企業[編集]

u-bmc[3]とFalco[4]のように、 多くの組織がgRPCを利用している。

2019年1月8日にDropboxは、次世代の「Courier」と呼ばれるSOAアーキテクチャーの核となる次世代のRPCフレームワークを発表した。CourierはgRPCベースで、既存の独自のRPCフレームワークと親和性が高いとされた[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ https://grpc.io/faq#what-does-grpc-stand-for
  2. ^ https://grpc.io/about/
  3. ^ u-bmc”. GitHub.com. 2019年11月16日閲覧。
  4. ^ Falco. Retrieved from https://falco.org/.
  5. ^ Nigmatullin, Ruslan; Ivanov, Alexey (2019年1月8日). “Courier: Dropbox migration to gRPC”. 2019年1月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]