コンテンツにスキップ

GMTV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
GMTV
形態 朝の情報番組
イギリスの旗 イギリス
所有者 ITV plc
開局 1993年1月1日 (31年前) (1993-01-01)
閉局 2010年9月3日 13年前 (2010-09-03)
映像形式
  • PAL(1993年 - 2004年)
  • HDTV 1080i(2004年 - 2010年)
系列
言語 英語
後継 ITVブレックファスト英語版

GMTV(Good Morning Televisionの頭文字)はかつてイギリステレビ全国放送で朝の情報番組を制作・放送していた放送事業者の名称である。ITVチャンネルで、1993年1月1日から2010年9月3日まで放送を行っていた[1]

現在はITVブレックファスト英語版の名称で知られている。2009年11月にITV plcの完全子会社となった[2]直後、ITV plcが番組の終了を発表したことで最終回を迎えた。『GMTV英語版』の最終回は2010年9月3日に放送された。

毎朝6:00から平日のニュース番組、8:25(金曜日は9:25)から『GMTV英語版』、9:25(月曜日〜木曜日)から『GMTV・ウィズ・ロレイン英語版』や地域のITVフランチャイズが開始するまで放送されていた。後年、切り替えは比較的スムーズに行われ、放送局の大部分は送信側のどちら側もITVネットワーク放送が前後を担当していたため、殆どの視聴者はGMTVを単にITVの番組として認識していた。ITV plc.による完全買収までは、本質的には独自の取材業務、販売・管理チーム及び社内制作チームを擁する独立事業者であった。また『ブーバー英語版』がお互いにプロモーションし、それぞれに異なるクレジットが付けられるまで CITV英語版から独立して独自の子供向け番組を放送していた。

歴史[編集]

創立[編集]

GMTVは、1991年フランチャイズラウンドで、かつてのライセンス所有者であるTV-amを3,400万ポンドで上回り、1993年から朝のチャンネル3フランチャイズのライセンスを獲得した[3]LWTSTV英語版ディズニーガーディアン・メディア・グループの支援を受けていた。そして、「Fファクター(F-factor)」と呼ばれる「明るい朝とより多くの情報」を約束した。新しい子供向けニュース番組が毎朝7:20に放送されることになっており、平日8:50には女性主導の新しい形式も計画された[4]カールトン英語版は1991年11月にコンソーシアムの株式20%を購入した[5]。当初「サンライズ・テレビジョンSunrise Television)」と呼ばれる予定であった[6]が、Sky Newsの朝の番組もその名前で呼ばれたため(2019年までそうされていた)Skyが抗議し、名前が変更された[7]

1992年5月、ビジネスニュースや社会ニュースを廃止し、より家族向けの形式にする計画を発表した後、批判を受けた。番組ディレクターのリズ・ハウエルは次のように述べている。

番組の構成はTV-amとは根本的に異なる。なぜなら、2人のプレゼンターによる帯番組であり、ニュースはデスクの指示に応じて長く、または短くなるからだ。これは、ある意味ニュース番組で、非常に微妙な話題であっても大きな反響が予想される場合は他の全てを捨てて、TV-amよりも詳しく取り上げる。
The structure of the programme will be fundamentally different from TV-am. It will be a rolling programme, with two presenters in which the news will be long or as short as the news dictates. It's in a sense a news programme but it's a very soft news agenda, although if there is a big story we will ditch everything and cover it better than TV-am would have.

GMTVはデイビッド・フロストからの日曜朝の番組継続の申し出を断り、代わりに「TV-amが日曜日に視聴者を遠ざけている」と考え、家族問題をテーマにした新しい娯楽番組を導入することを選択した[8]

放送[編集]

GMTV英語版』初回は1993年1月1日に、イーモン・ホームズ英語版アン・デイビス英語版、2人のプレゼンターで放送された。開始時の平日の主なプレゼンターはフィオナ・アームストロングとマイケル・ウィルソン(月曜日〜木曜日)で、サウス・バンクにあるザ・ロンドン・スタジオのスタジオ5から放送された。

放送開始から6週間以内に、約200万人の視聴者を失った。「インディペンデント」のマーク・ローソンは、この新しいシリーズを「グリンニング・モロンズ・テレビジョン(Grinning Morons Television、ニヤリと笑うテレビジョン)」と名付けた[9]グレッグ・ダイク英語版はGMTV取締役会の会長に任命され、「より大衆的なジャーナリズム」を含む局のフォーマットを、全面的に見直す任務を負った。役割は主に、日々の業務に従事することなく、GMTVに新しく想像力豊かなアイデアをもたらすことであった[10]。ダイクはGMTVでのハウエルの番組戦略を支持することを拒否しており、3日以内にハウエルは辞任した。後任にはピーター・マクヒュー(Peter McHugh)が就任した[11][12]

視聴率が低迷し続けたことを受けて2月8日[13]、ウィルソンは6:00から7:00までの新しい「ニュースを中心とした」枠を放送するようになった(1994年に「ロイター・ニュースアワー(Reuters News Hour)」となった)。アームストロングは3月12日まで[14]ホームズと共同プレゼンターを続けたが、アームストロングの代わりにロレイン・ケリー英語版が就任し、9:00枠『トップ・オブ・ザ・モーニング(Top of the Morning)』プレゼンターとしてのかつてのポジションはファーン・ブリットン英語版が引き継いだ。

4月19日、TV-amを模倣した新しいセットを含めて刷新された[15][16]。サリー・ミーンが新しい気象プレゼンター、ペニー・スミスがメインキャスターとなり、Sky Newsから移籍した[17]

最初の6ヶ月以内に、GMTVは当初の予算の2倍である1,000万ポンドの損失を報告した[18]。9月初旬、ニュースの割り当てを減らす可能性について独立テレビジョン委員会英語版(ITC)に打診した。僅か2ヶ月前、ITCはGMTVを「エンターテインメント主導すぎる」と批判し、他の番組分野について懸念を表明していた。ITCは「彼ら(GMTV)は視聴者の好みに基づいてライセンス変更を強く主張する必要があるだろう」と述べた[19]。この要求は拒否され、放送開始1年目の終わりまでにITCはGMTVに対し、その「不十分な業績」に対して正式に警告を発した[20]

最終警告は1994年5月に発令され、基準が改善されない限り、200万ポンドの罰金を科されることになっていた。ITCは、その年の初めまでにかなりの改善が見られたことを認めたが、ニュース放送は依然として「満足のいくものではなく、深さや権威をカバーするには当初は短すぎた」「時事問題や子供向けの内容は…品質や制作の点で期待を満たしていなかった」と付け加えた。問題を修正するための対策の一環として、「ロイター・ニュースアワー」と日曜朝の高級番組に加えて、アメリカの子供向けテレビシリーズ『バーニー&フレンズ』が導入された[21]。同年までに、罰金を免れるのに十分な高い基準を達成し[22]、初めて利益を上げた[23]

1994年7月、アンシア・ターナー英語版が入社し、ミスター・モティベーター英語版と共に夏休みの特集番組『ファン・イン・ザ・サン(Fun in the Sun)』のプレゼンターを務め、その後すぐにホームズとペアになってメイン番組のプレゼンターを務めた[24]。ターナーは1996年12月24日に退社したが、2人の間に劇的な不仲が生じ、最終的にはホームズがターナーを公の場で「ティッピー・トウ姫(Princess Tippy Toes)」と呼ぶことになった。しかし経営陣はターナーが「締め出された」ことを否定し、自らの意思で退社したと主張した。フィオナ・フィリップス英語版1997年1月6日に役割を引き継いだ[25][26]

1998年、赤字に戻り、損失は1,200万ポンド、売上高は8,000万ポンドとなった[27]。同年11月、遂に棚ぼた的な恩恵を受けた。ITCは、GMTVが国庫に支払わなければならなかった金額を5,000万ポンドから、全てのライセンスの中で最も大幅な減額である2,000万ポンドに減額した。ITCは、これによりGMTVがより多くの番組に投資できる資金が得られると考えた[28]

GMTVは引き続きその成果を強化し、1999年の年次業績評価でITCから「番組全体の品質が向上した...特集項目が増え、報道範囲が広がり、ジャーナリズムと技術リソースが向上した」とさらなる賞賛を受けた。これにより、成人視聴者の間でGMTVの視聴者シェアが増加し、子供向けの週末の成果も強化された。ITCは、海外報道とニュースの主要人物へのアクセス、特にライブインタビューに一層重点を置いている点を賞賛した。

社会貢献番組は特に成功を収めた。年長の子供向けのマガジン番組である『Diggit』(かつてITCによって批判されていた)の情報内容には改善の兆しが見られた。ITCは、「...成人向けの日曜日の番組では、主要なインタビューと並行して重要な政治的ストーリーのより良い背景と分析の余地があり、学齢期の子供向けの番組では情報コンテンツが含まれる」と、今後1年間の優先事項として2つの分野での改善を提案した[29]

2000年代[編集]

1999年、STVグループ英語版はGMTVの他の株主を買収する協議を行い、ディズニーはこのアイデアに熱心であったと考えられている[30]。9月までにガーディアン・メディア・グループの株式15%を2,000万ポンドで取得することで合意に達したが、カールトンとグラナダの両社はこの取引に反対した[31]。ガーディアン・メディア・グループは、2000年1月にGMTVの15%の株式を1,800万ポンドで売却し、3社全てが5%を受け取るという結論に達し、残りの4社の株主が同社の25%の株式を均等に保有できるようになった[29][32]

2003年10月、STVはカールトンとグラナダのGMTV株の取得に関心があることを公表した。最高経営責任者のアンドリュー・フラナガン(Andrew Flanagan)は「我々はGMTVの買収に興味を持っている。何かをしようとするにはトリガーが必要であり、我々はそれを設計しようとした」と述べたと伝えられている。STVは、GMTVの経営権を握ることで、新設されたITV営業部門に対して効果的な指揮が可能になると考えていた[33]2004年9月、ITV plcは、ITVに価格設定への影響力を与える可能性があるという広告主の懸念にもかかわらず、公正取引局から許可を得て、STVグループ英語版の株式25%を3,100万ポンド[34]で買収した。SMGは「(我々は)GMTVから撤退するのは、他社のメディア事業に対して少数権益を持ちたくないためだ」と述べた[35]

2005年、ホームズは退社した[36][37]。後に、ホームズが「愚かさと商業化」に深く不満を抱いており、その結果、上司を憎むようになったことが明らかになった[38]

電話投票番組スキャンダル[編集]

2007年4月、BBC Oneの番組『パノラマ』は、GMTVの電話参加コンテストを扱うオペラ(Opera)社が、回線が閉鎖される「かなり前」に優勝者の最終候補者リストを最終決定しており、その結果、視聴者は2003年4月以来、プレミアム料金の電話投票に参加するために推定年間1,000万ポンドを無駄にしていると主張した。GMTVマネージングディレクターのポール・コーリー(Paul Corley)は「これまでに起こったこと全てについて謝罪したい」と述べた。GMTVはオペラ社を信頼していたが、実際には、この通信会社の2~3人が、経営陣が知らないうちにこのようなことを自ら行っていたとみられる[39]。これは、2003年にオペラ社の営業部長マーク・ナトール(Mark Nuttall)がこの状況を発見し、スタッフに「あなたが早期に当選者を選んでいることが絶対にバレないようにしてください」との電子メールを送ったという『パノラマ』の主張と矛盾している[40]。エンタープライズ部門責任者のケイト・フレミング(Kate Fleming)とマネージング・ディレクターのポール・コーリー(Paul Corley)の2人の上級幹部が辞任した[41]

同年9月24日Ofcomはオペラ社に25万ポンドの罰金を、GMTVに200万ポンドの罰金を科し、「この違反行為は公共放送と視聴者との間の基本的な信頼関係に重大な破綻をもたらした。放送コンテストの実施における長年にわたる組織的な失敗に関係していたため、非常に深刻だった」と述べた[42]。GMTVは、影響を受けた視聴者全員に総額3,500万ポンドを返金することを約束した[要出典]

1ヶ月後、重大不正捜査局(以下SFO)はOfcomからの電話投票番組スキャンダルに関する証拠を再検討する決定を下した。SFOの広報担当者は、「GMTVによる割増料金電話サービスの使用に関するメディア報道と一般の人々から寄せられたいくつかの苦情を受けて、SFOの調査はまだ進行中ではないが、我々はOfcomと連絡を取っている…さらに、SFOは、デロイトの報告書で強調されているITVの割増料金電話サービスの使用に関するOfcomの調査の結果を待つことになる」と述べた[43]2008年3月10日、SFOは、調査基準を満たしていないとして、この電話投票番組スキャンダルを調査しないことを決定した[44]

2008年 - 2009年[編集]

GMTV放送内容の大規模な見直しが2008年夏に行われた結果、他のデジタル放送チャンネルとの新たな競争に視聴者を失ったことと、内容が軽くなりすぎたという批判に対抗することもできたことが結論付けられた。レッド・ビー・メディアは、1993年以来殆ど変わっていない画面上の外観を刷新する目的で、コンサルタントとして迎え入れられた。ITVとディズニーは、Avid編集スイートなどの新しい機器を含む番組制作を近代化するために450万ポンドの投資に同意した[45]。これにより、2009年1月5日にGMTVがリニューアルされ、フィオナ・フィリップス英語版アンドレア・マクリーン英語版に代わってエマ・クロスビー英語版カースティ・マッケイブ英語版が登場した。

2008年7月、マクリーンは『ルーズ・ウーマン英語版』での役割に集中するためGMTVの仕事を辞め、常任ホストの職をジャッキー・ブランブルズ英語版と共有することが発表された。同年12月31日、11年間気象プレゼンターを務めたマクリーンが退社した。

同年12月18日、12年間メインプレゼンターを務めたフィリップスが退社した。フィリップスは視聴者に、退職は「私がこれまでに下した最も難しい決断の1つ」と語った[46]

ITV plcの所有権[編集]

ITV plcは、ディズニーがGMTVの75%の支配権を獲得した後、イングランドウェールズのチャンネル3の24時間支配権を確保するために、ディズニーの株式を買収しようとした。最終的に、2009年11月25日に残りの25%に対して1,800万ポンドを支払った[47]

その結果、すぐに様々なことが変わった。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Channel 3 (ITV, STV and UTV)” (英語). Ofcom (2021年1月11日). 2014年7月14日閲覧。
  2. ^ ITV buys remaining 25 pct stake in GMTV Archived 17 July 2011 at the Wayback Machine. Reuters report on Interactive Investor, 26 November 2009
  3. ^ Winners and Losers. The Times, Thursday, 17 October 1991; pg. 4
  4. ^ Sunrise offers good cheer and more information. The Times (London, England), Thursday, 17 October 1991
  5. ^ Sunrise brings in Carlton to conclude breakfast TV deal. Georgina Herny Madia Editor The Guardian ; 23 November 1991
  6. ^ GMTV | Album | Ident”. 2012年1月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年12月16日閲覧。
  7. ^ GMTV | Nevermind | Ident”. 2011年11月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年12月16日閲覧。
  8. ^ TV-am successor offers 'soft news' Georgian Henry Media Editor The Guardian; 20 May 1992
  9. ^ Mark Lawson (1993年1月6日). “TELEVISION / Beginning with the worst of intentions: In the first of a new weekly column Mark Lawson watches the early offerings from the new franchise holders and finds the omens for television's future depressing - Arts & Entertainment”. The Independent. https://www.independent.co.uk/arts-entertainment/television--beginning-with-the-worst-of-intentions-in-the-first-of-a-new-weekly-column-mark-lawson-watches-the-early-offerings-from-the-new-franchise-holders-and-finds-the-omens-for-televisions-future-depressing-1476843.html 2013年6月27日閲覧。 
  10. ^ GMTV brings in new chief to halt slide. Andrew Culf Media Correspondent The Guardian (1959–2003); 20 February 1993;
  11. ^ Programmes director quits beleaguered GMTV. Andrew Gulf Media Correspondent The Guardian (1959–2003); 23 February 1993;
  12. ^ GMTV brings in new chief to halt slide. Andrew Culf Media Correspondent The Guardian; P5 February 20, 1993;
  13. ^ GMTV banking on reshuffle on the sofa and Nintendo cartoon to boost ratings Andrew Culf Media Correspondent The Guardian (1959-2003); 5 February 1993
  14. ^ Fiona Armstrong quits GMTV to spend more time with family: Andrew Culf Media Correspondent: The Guardian; 16 March 1993
  15. ^ MARTIN WROE , Media Correspondent (1993年4月20日). “GMTV tries new recipe for breakfast success - UK - News”. The Independent. https://www.independent.co.uk/news/uk/gmtv-tries-new-recipe-for-breakfast-success-1456270.html 2013年6月27日閲覧。 
  16. ^ Breakfast battle hots up. Fiddick, Peter The Guardian P12; 12 April 1993;
  17. ^ Fresh faces on GMTV. The Times, Friday, 2 April 1993;
  18. ^ LWT share deal could create 15 management millionaires. Martin Flanagan. The Times, Friday, 30 July 1993;
  19. ^ Struggling GMTV aims to cut news. Alexandra Frean Media Correspondent. The Times, Friday, 3 September 1993
  20. ^ TV watchdog condemns quality of programmes. Alexandra Frean, Media Correspondent. The Times, Friday, 27 May 1994
  21. ^ Dinosaur follows rat as 'poor' GMTV tries to avoid £2m fine. Culf, Andrew The Guardian (1959–2003); 27 May 1994;
  22. ^ Quality rise by GMTV removes threat of fine Andrew Culf Media Correspondent The Guardian (1959–2003); 16 September 1994;
  23. ^ GMTV seeks to expand as it moves towards profit for first time. Andrew Culf Media Correspondent. The Guardian (1959–2003); 15 December 1994;
  24. ^ Pulsing pectorals add to toned upTV station's buoyant breakfast mood. Culf, Andrew. The Guardian; 22 June 1994;
  25. ^ Eamonn Holmes absent from the GMTV sofa. The Times , Friday, 3 January 1997
  26. ^ Cue for truce in TV spat: GMTV presenter apologises over newspaper report. Culf, Andrew. The Guardian; 3 January 1997;
  27. ^ Scottish Media likely to sell 20% stake in GMTV. Raymond Snoddy, Media Editor. The Times, Tuesday, 21 July 1998;
  28. ^ Loss-making GMTV wins £30m licence fee windfall. Raymond Snoddy Media Editor. The Times, Thursday, 26 November 1998
  29. ^ a b “GMTV | Media | MediaGuardian”. Guardian. (2000年9月7日). https://www.theguardian.com/media/2000/sep/05/16 2013年6月27日閲覧。 
  30. ^ “Scottish Media seeks GMTV stock - Business - News”. The Independent. (1999年9月3日). https://www.independent.co.uk/news/business/scottish-media-seeks-gmtv-stock-1115743.html 2013年6月27日閲覧。 
  31. ^ SMG bid for GMTV stake could be blocked | News | Broadcast”. Broadcastnow.co.uk (1999年9月10日). 2013年6月27日閲覧。
  32. ^ TRIO SHARE GMTV STAKE | News | Broadcast”. Broadcastnow.co.uk (2000年1月7日). 2013年6月27日閲覧。
  33. ^ Carlton and Granada urged to sell off stake in GMTV - Brand Republic News”. Brandrepublic.com (2003年10月10日). 2013年6月27日閲覧。
  34. ^ ITV buys GMTV stake from SMG Chris Tryhorn Media Guardian, 10 May 2004
  35. ^ ITV gets go-ahead on GMTV shares | News | Broadcast”. Broadcastnow.co.uk (2004年9月23日). 2013年6月27日閲覧。
  36. ^ “Entertainment | Holmes bids farewell to GMTV sofa”. BBC News. (2005年4月27日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/4488781.stm 2013年6月27日閲覧。 
  37. ^ Jason Deans, broadcasting editor (2005年2月22日). “Eamonn Holmes quits GMTV | Media | MediaGuardian”. Guardian. https://www.theguardian.com/media/2005/feb/22/broadcasting.ITV 2013年6月27日閲覧。 
  38. ^ I've made up with Anthea but hate bosses at GMTV; EAMONN HOLMES EXCLUSIVE. - Free Online Library”. www.thefreelibrary.com. 2023年12月16日閲覧。
  39. ^ Smit, Martina (2007年4月24日). “Phone-in firm sorry over GMTV scandal”. Telegraph. オリジナルの2022年1月12日時点におけるアーカイブ。. https://ghostarchive.org/archive/20220112/https://www.telegraph.co.uk/news/uknews/1549488/Phone-in-firm-sorry-over-GMTV-scandal.html 2013年6月27日閲覧。 
  40. ^ “Entertainment | Viewers 'lose millions' to GMTV”. BBC News. (2007年4月23日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk/6582235.stm 2013年6月27日閲覧。 
  41. ^ “Entertainment | GMTV's phone-in boss steps down”. BBC News. (2007年7月31日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/6924738.stm 2013年6月27日閲覧。 
  42. ^ “Entertainment | GMTV hit with £2m phone-in fine”. BBC News. (2007年9月26日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/7001032.stm 2013年6月27日閲覧。 
  43. ^ Pierce, Andrew (2007年10月19日). “Fraud office reviews GMTV phone-in scandal”. Telegraph. オリジナルの2022年1月12日時点におけるアーカイブ。. https://ghostarchive.org/archive/20220112/https://www.telegraph.co.uk/news/uknews/1566672/Fraud-office-reviews-GMTV-phone-in-scandal.html 2013年6月27日閲覧。 
  44. ^ Leigh Holmwood (2008年3月10日). “GMTV escapes fraud investigation over phone-in scandal | Media | guardian.co.uk”. Guardian. https://www.theguardian.com/media/2008/mar/10/tvfakery.television 2013年6月27日閲覧。 
  45. ^ Maggie Brown (2008年9月8日). “GMTV format to be overhauled | Media | guardian.co.uk”. Guardian. https://www.theguardian.com/media/2008/sep/08/television.itv 2013年6月27日閲覧。 
  46. ^ “Entertainment | Tearful GMTV goodbye for Phillips”. BBC News. (2008年12月18日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/7787587.stm 2013年6月27日閲覧。 
  47. ^ Robinson, James (2009年11月26日). “ITV takes full control of breakfast TV broadcaster GMTV”. Guardian. https://www.theguardian.com/media/2009/nov/26/itv-buys-remaining-gmtv-stake 2016年6月6日閲覧。 
  48. ^ GMTV editor Martin Frizell to leave breakfast TV broadcaster Daily Record, 11 December 2009
  49. ^ Editor Martin Frizell leaving GMTV The Guardian, 11 December 2009
  50. ^ GMTV stars Penny Smith and John Stapleton leave the sofa in cut backs Daily Mirror, 4 March 2010
  51. ^ Children's TV presenters lose their jobs as GMTV bosses continue to wield the axe Mirror, 6 March 2010
  52. ^ Eamonn Holmes and Kate Thornton to present GMTV - Showbiz - London Evening Standard”. Standard.co.uk (2010年4月13日). 2013年6月27日閲覧。
  53. ^ Eamonn Holmes returning to GMTV | TV | Entertainment | STV”. Entertainment. 2013年6月27日閲覧。
  54. ^ Conlan, Tara (2010年4月19日). “Adrian Chiles quits BBC for ITV”. ガーディアン. https://www.theguardian.com/media/2010/apr/19/adrian-chiles-itv 2013年8月9日閲覧。 
  55. ^ GMTV presenter Ben Shephard to quit the show Mirror, 30 June 2010
  56. ^ Ian Rumsey made GMTV editor The Guardian, 7 May 2010
  57. ^ After a decade on the sofa, Andrew Castle bows out of GMTV ITV Press Centre, 10 June 2010
  58. ^ Kanter, Jake (2010年6月10日). “£1.5m shake-up sees GMTV name dropped”. Broadcast. 2010年6月10日閲覧。
  59. ^ “£1.5m shake-up for GMTV”. The Independent. (2010年6月11日). https://www.independent.co.uk/news/media/tv-radio/pound15m-shakeup-for-gmtv-1997747.html 
  60. ^ Midgley, Neil (2010年6月20日). “CChristine Bleakley joins ITV after BBC sacking”. GMTV. オリジナルの2022年1月12日時点におけるアーカイブ。. https://ghostarchive.org/archive/20220112/https://www.telegraph.co.uk/culture/tvandradio/bbc/7842215/Christine-Bleakley-joins-ITV-after-BBC-sacking.html 2013年3月5日閲覧。 
  61. ^ ITV unveils new breakfast show Belfast Telegraph, 9 July 2010
  62. ^ Daybreaking News![リンク切れ] GMTV, 20 July 2010
  63. ^ Richard Arnold, Carla Romano depart GMTV Digital Spy, 20 July 2010

外部リンク[編集]