FT-897

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
FT-897

FT-897とは、バーテックススタンダード(現:八重洲無線株式会社)が発売していたアマチュア無線機のひとつである。

オールモードでHF~430MHzまで幅広いバンドに出ることが可能であり、2002年平成14年)度、グッドデザイン賞を受賞した。[1]


FT-8X7シリーズには、FT-897の他、FT-817FT-857がある。すべてHF~430MHzのオールモード機である。 FT-817は、出力MAX5Wのポータブル機であり、FT-857は、モービル機であるが、100Wモデルも存在する。 100WタイプFT-897D(144MHz50W/430MHz20W)、50WタイプFT-897DM(430MHz20W)、20WタイプFT-897DS(HF10W)の 3タイプがある。定価はいずれのタイプも155,400円(税込み)である。[2]


2014年平成26年)6月をもって生産を終了した。[3]


特徴[編集]

FT-897はモバイルベースステーションと位置づけられ、フィールドでも固定機としても運用できるようにオプションが用意されている。フィールドでの運用を主眼にした大容量内蔵バッテリーやアクティブチューニングアンテナ(ATAS-120AおよびATAS-25)などのオプションがある。一方、ベースステーションでの運用のために、専用内蔵AC電源(FP-30)、専用オートチューナー(FC-30)などがある。

脚注[編集]

  1. ^ “ポータブルベースステーショントランシーバー [YAESU FT-897”]. GOOD DESIGN AWARD. (2002年10月1日). http://www.g-mark.org/award/describe/27674?token=Pk7lJ2Ye0u 2014年7月13日閲覧。 
  2. ^ “FT-897D/FT-897DM/FT-897DS”. 八重洲無線株式会社. http://www.yaesu.com/jp/amateur_index/ft_897.html 
  3. ^ “FT-897Dシリーズ生産終了!”. アマチュア無線・広帯域受信機(レシーバー)・トランシーバー業界NEWS(ニュース) by CQオーム. (2014年6月6日). http://cqtopix.blog81.fc2.com/blog-entry-904.html 2014年7月13日閲覧。