FCウニレア・ウルジチェニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
FCウニレア・ウルジチェニ
原語表記 Fotbal Club Unirea Voluntari Urziceni
クラブカラー 水色と青
創設年 1954年
解散年 2011年
ホームタウン ウルジチェニ
ホームスタジアム ティネレトゥルイ・スタジアム
収容人数 7,000
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

FCウニレア・ウルジチェニFC Unirea Urziceni)は、ルーマニアウルジチェニに本拠地を置くプロサッカークラブチーム。ルーマニアリーグのリーガ1に所属していた。

本拠地のウルジチェニは人口1万7000人ほどの小都市である。

歴史[編集]

ドミトゥル・ブクシャル会長の下で急成長を遂げ、2006-2007シーズンより、リーガ1に昇格。ダン・ペトレスク監督は、限られた財政力にも関わらず効果的な補強とチーム作りを行ない、2007-2008シーズンにはルーマニア・カップCFRクルージュに敗北したものの準優勝という成果を挙げ、UEFAカップ出場権を獲得。2008-09シーズンはUEFAカップに初出場したが、1回戦でドイツのハンブルガーSVに敗れた。同シーズンはリーガ1で初優勝した。5節で首位に立つと、その後も3位以内をキープし続け、終盤に一気に抜き去った。なお、2008-09シーズンに参加した18チームの中でスタジアムの収容人数がもっとも少なかった。

ホームのティネレトゥルイ・スタジアムがUEFAチャンピオンズリーグの基準に満たないため、2009-10シーズンのチャンピオンズリーグの試合はステアウア・スタジアムを借りて行われた。スペインのセビージャFC、ドイツのVfBシュトゥットガルト、スコットランドのレンジャーズFCと同じ組になり、2009年9月17日にアウェーで行われた第1節はセビージャFCに0-2で敗れた。9月29日に行われたVfBシュトゥットガルト戦は5分に先制されたが、ロングボールを多用して48分にダチアン・ヴァルガが同点ゴールを決め、クラブの歴史に残る勝ち点1を獲得した。10月20日の第3節・レンジャーズFC戦はオウンゴールから先制を許したが、逆に相手のオウンゴールで2得点し、最終的に1-4で大勝した。再びレンジャーズFCと対戦した第4節は試合終了間際にマウリス・オノフラシュが同点ゴールを決め、1-1の引き分けに持ち込んだ。3戦連続で勝ち点を獲得して迎えた5節のセビージャFC戦は45分に相手DFイヴィツァ・ドラグティノヴィッチのオウンゴールで先制し、試合終了まで得点を許さずに強豪から勝ち点3を獲得し、決勝トーナメント進出圏内を維持した。試合によって3バックと4バックを使い分け、堅守からの速攻で5試合で7得点を奪った。決勝トーナメント進出をかけた6節のVfBシュトゥットガルト戦は開始11分までに3失点し、47分にアントニオ・セメドが1点を返したが及ばず、1-3で敗れた。グループリーグ6戦を2勝2分2敗(8得点8失点)の勝ち点8で終え、グループ3位でUEFAヨーロッパリーグ出場権を獲得した。その後、ペトレスク監督が補強をめぐり対立し辞任。ヨーロッパリーグではリヴァプールFCに敗北。

2009-2010シーズンはシーズンを2位で終えたが、クラブの急激な成長に伴い深刻な財政難に陥り、主力選手の大半はステアウア・ブカレストへ移籍。冬の中断期間中に、キアジナへの移転が決定したものの破談となった。2010-11シーズンは17位となり、二部降格。2011年7月7日、負債によりリーグ登録のライセンスを取得できず、消滅した。

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

過去の成績[編集]

  • 2004-2005  リーガ2  5位
  • 2005-2006  リーガ2  2位 昇格
  • 2006-2007  リーガ1  10位
  • 2007-2008  リーガ1  5位
  • 2008-2009  リーガ1  優勝
  • 2009-2010  リーガ1  2位
  • 2010-2011  リーガ1  17位 降格

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

外部リンク[編集]