ESCORT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ESCORT(エスコート)
開発元 横河ソリューションサービス株式会社
最新版 ESCORT 2.2.1 (2014)
対応OS Windows,Linux
種別 ERP/CRM
公式サイト 開発元のESCORTのページ
テンプレートを表示

ESCORT(エスコート)は、日本のシステムインテグレーターである横河ソリューションサービス社(前横河ソリューションズ社)が横河電機社の保守サービス業務を支える基盤として導入したシステムをベースに開発したアフターサービス(修理・保守サービス)業務に特化したパッケージソフトウェアである。

フレームワークコンセプトを採用しており、日本企業ならではの独特なアフターサービス業務にも柔軟に対応が可能である。また、各モジュール単位での導入が可能であり、既存システム(ERPパッケージや独自開発システム)を活かして導入可能な点も大きな特徴である。国内製造業、サービス業を中心に、265サイト以上(2013年8月現在)の導入実績を誇り、国内だけでなく海外拠点(代理店)を含めたアフターサービス管理システム(修理保守管理システム)の代表的製品の1つである。

特色[編集]

ESCORTは、海外のCRMパッケージやERPパッケージとは違い、日本の修理保守/サービスに適合したパッケージである。例えば海外製品の場合、「修理受付 - 見積/受注 - エンジニアの派遣、部品手配 - 報告 - 売上/請求」といった一連の業務フローが順番に入力処理されなければならない。しかし、日本の保守修理業務では、実際の現場で修理作業を行った後に正式オーダ処理や在庫の引落としを行うケースがあり、ESCORTはこうした事後処理対応も可能な「修理受付システム」である。最近ではパッケージの機能強化だけでなく、地図情報やサービスBOM (部品表)などのアフターサービス業務で有効な外部サービス(Google マップGoogle Appsなど)/パッケージソフトウェア、クラウド型CTIとの連携やスマートデバイスへの対応が強化されている。

機能モジュール[編集]

共通基盤
共通処理、マスタ管理(得意先、仕入先、商品、サービス価格、カレンダーなど)
業務サポート機能
コール受付、サービス指示(作業計画)、要員スケジュール(要員スキルに応じた)、作業報告(残工対応)
マネージメント機能
保守契約管理、サービス履歴管理、FAQ管理(コールスクリプト管理)、納入品管理、不適合品管理(レシピ変更管理)、要求手配管理(部品手配)
販売管理機能
受注管理(事前/事後見積対応)、売上管理、請求管理
在庫管理機能
入出庫管理(バーコード対応)、ユニット品管理、倉庫間移動、棚卸管理
購買管理機能
発注管理、役務発注管理、受入/検収管理
オプション機能
引取修理(センドバック修理)、保守部品販売、ポータル機能、モバイル機能

関連項目[編集]

  • アフターサービス - オンサイト保守、現地修理持込修理の総称として呼ばれる。
  • 現地修理 - 修理する機器のある場所へ、修理担当者が出向いて修理を行うメンテナンス形態。オンサイト保守、出張修理とも呼ばれる。
  • 持込修理 - 修理のための拠点へ持ち込むか、配送して修理を行うメンテナンス形態。センドバック保守とも呼ばれる。

外部リンク[編集]