bingo!CMS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
bingo!CMS
開発元 シフトテック株式会社
初版 2008年7月16日
最新版 1.6.0 / 2014年9月18日
プログラミング言語 PHP,MySQL
サポート状況 ユーザーへメールにてサポートを受付
種別 Webアプリケーションフレームワーク, CMS
公式サイト bingo-cms.jp
テンプレートを表示

bingo!CMSビンゴシーエムエス)は、神奈川県小田原市にあるホームページ制作会社・シフトテック株式会社により開発されたCMS

特徴[編集]

  • 国産のCMS [1]
  • 基本的な操作はドラッグアンドドロップで行われる。[2]
  • コーディングを行う必要がなく、初心者でも簡単にウェブサイトを立ち上げることが可能。CSSの知識があるユーザーは自分でテンプレートを作成できる[3]
  • 小・中規模のWebサイトに利用される(コーポレートサイト・キャンペーンサイト・ランディングページなど)[4]
  • 全国に50社以上のWeb制作会社の販売パートナー。[5]

提供環境[編集]

  • サーバにインストールするタイプのCMSで、PHPMySQLで動作。[6]

歴史[編集]

受賞歴[編集]

  • 「bingo!CMS」の大規模Webサイト向け版「bingo!CMS Enterprise」で制作された小田原市のオフィシャルWebサイトが、「平成26年全国広報コンクールウェブサイト(市部)部門」で入選。[7]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ bingo!CMS:使ってみたい国産CMS。”. 創るmetaboy. 2014年5月29日閲覧。
  2. ^ 実践CMS導入・運用ガイド「使いやすさの最先端?気になる3種類のCMSをレビュー」”. MdN Corporation. 2014年5月29日閲覧。
  3. ^ bingo!CMS プラス v1.5”. CMS比較.com. 2014年5月29日閲覧。
  4. ^ bingo!CMSについて - Supreme Web”. KDDI Web Communications. 2014年5月29日閲覧。
  5. ^ bingo!CMS プラス v1.5 - Supreme Web”. CMS比較.com. 2014年10月27日閲覧。
  6. ^ 実践CMS導入・運用ガイド「使いやすさの最先端?気になる3種類のCMSをレビュー」”. MdN Corporation. 2014年5月29日閲覧。
  7. ^ 2014年全国広報コンクール ウェブサイト(市部)入選 - Supreme Web”. 小田原市. 2014年10月27日閲覧。

外部リンク[編集]