Aipo

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Aipo(アイポ)
開発元 株式会社エイムラック
最新版 8.1 / 2016年2月29日(20か月前) (2016-02-29[1]
プログラミング言語 Java
種別 グループウェアウェブブラウザから利用)
ライセンス AGPLv3
公式サイト http://www.aipo.com/
テンプレートを表示

Aipo(アイポ)とは、TOWN株式会社により開発・提供されるオープンソースグループウェア

概要[編集]

Aipoはウェブブラウザから利用するグループウェアで、スケジュール管理、ワークフローWebメールファイル共有ブログ掲示板等の機能を有する。

インストール可能な環境は Microsoft Windows 2000/XP/2000Server/2003Server/2008Server RC2/Windows 7 及び Linux にて稼動する。クライアント側の動作環境は Internet Explorer 7以降、Mozilla Firefox 2以降、Google ChromeSafari に対応している。対応ウェブブラウザがインストールされていれば、クライアント側のOSは問わない。また大手キャリアの携帯電話、iPhoneAndroid端末、Windows Mobile端末といった、モバイル端末専用のインターフェースも備えている。

オンプレミス版と有償のクラウド版により提供されており、インストールパッケージおよびソースコードはオープンソースで提供されている。

オープンソースライセンス[編集]

Aipoは AGPLv3 のライセンスで提供されている。

2008年3月のバージョン4より GPL を採用し、2010年10月のバージョン5.1より AGPLv3 へライセンスを変更した。ユーザーはライセンスに則り自由に複製、改変、頒布することができる。

また Google Developers に開設されたプロジェクトで、ソースコードや資料、開発進捗も公開されている。

Aipo Platform[編集]

2011年4月のバージョン6よりGoogleによって開発されたのソーシャルアプリケーション用API「OpenSocial」を採用し、OpenSocialに準拠して開発されたWebアプリケーションをAipo上で利用・公開することが可能となった。

またAipoに対応したOpenSocialアプリを提供する場として「Aipoストア」が公開されている。 外部開発者はデベロッパー登録を行うことで、Aipo内のデータと連動したアプリ・サービスを無料で公開できるなど、Aipo自体をプラットフォームとして利用することができる「Aipo Platform」を提唱[2]している。

主な機能[編集]

  • タイムライン
  • スケジュール
  • 共有ToDo
  • 更新情報
  • タイムカード
  • アドレス帳
  • 掲示板
  • ブログ
  • ワークフロー
  • 伝言メモ
  • 共有フォルダ
  • メモ帳
  • Webメール
  • 報告書
  • ユーザー名簿

関連項目[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ Aipo 8.1 リリースのお知らせ|無料グループウェア「アイポ」” (2016年2月29日). 2016年3月17日閲覧。
  2. ^ Aipo Platform|Aipoデベロッパーセンター” (Japanese). 2011年7月15日閲覧。

外部リンク[編集]