Advanced Audio Distribution Profile

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Bluetooth > Bluetoothプロファイルの一覧 > Advanced Audio Distribution Profile

Advanced Audio Distribution ProfileA2DP[1])は音声配信のためのBluetoothプロファイルである[2]

概要[編集]

A2DPでは、モノラルもしくはステレオの音声データを、ACLチャンネル上に高品質にストリーミング配信するための手順や、使用する他のBluetoothプロファイル・Bluetoothプロトコル英語版などが定義されている。ただし、サラウンドサウンドの配信については定義の範囲外となる。

A2DPでは伝送に必要なカプセリング化方式のみを規定しており、ペイロードとなる音声の圧縮に使用するコーデックは自由に規定することが可能となっている。A2DPの規格で実装を必須としているのはSBC (下記参照) であり、これ以外に過去多くの製品に実装されたコーデックとして、MP3オーディオ、AACMPEG-2/4 AAC)、ATRACaptXLDACなどがある。また、特徴的な実装として、サムスン社製の一部のスマートフォンおよびBluetoothイヤホンにおいてはサムスン独自のコーデックを実装し、同社製同士である場合に高音質な再生品質が得られることをアピールする事例もある。

ユースケース[編集]

具体的なユースケースとして、デジタルオーディオプレーヤーからヘッドフォンまでのオーディオデータのストリーミングがあげられる。このとき、ストリーミング配信側(デジタルオーディオプレーヤー)をソース(SRC)、ストリーミング受信側(ヘッドフォン)をシンク(SNK)と呼ぶ。なお、ひとつのSRCに対し、複数のSNKを同時に利用することはできない。例述すると、1台のデジタルオーディオプレイヤーAが存在し、Aとペアリング設定が完了しているヘッドフォンが2台存在する(それぞれB、Cとする)とき、A-B間のストリーミングとA-C間のストリーミングを同時に行うことはできない。

実際のA2DPの動作は、SRCからSNKまでのオーディオデータストリームのセットアップ、制御、操作である。たとえば、SRCの操作(デジタルオーディオプレーヤーに対するリモートコントロール)などはこのプロファイルの定義範囲に含まれない。

他プロファイルとの関連・依存[編集]

A2DPは、GAVDPGAPに依存している。

SBC (コーデック)[編集]

Low Complexity Subband Coding (英語版) (略称: SBC) はオーディオコーデックの一種である[3]。A2DP仕様内において定義されている[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ "Advanced Audio Distribution Profile (A2DP)" p.1 of Advanced Audio Distribution Profile specification.
  2. ^ "このプロファイルは,高音質音声配信をサポートするために必要なBluetooth機器の要件を定義している。" アドバンスト・オーディオ・ディストリビューション・プロファイル 1.3.2 - bluetooth.com
  3. ^ a b "This appendix describes the technical specification of Low Complexity Subband Coding (SBC)." Appendix B of Advanced Audio Distribution Profile specification.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]