Advanced Audio Distribution Profile

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Bluetooth > Bluetoothプロファイルの一覧 > Advanced Audio Distribution Profile

Advanced Audio Distribution Profileは、Bluetoothプロファイルのひとつ。仕様書などではA2DPと略される。以下の記事中でもA2DPと表記する。

概要[編集]

A2DPでは、モノラルもしくはステレオの音声データを、ACLチャンネル上に高品質にストリーミング配信するための手順や、使用する他のBluetoothプロファイル・Bluetoothプロトコルなどが定義されている。ただし、サラウンドサウンドの配信については定義の範囲外となる。

対応するフォーマットはSBC(SubBand Codec - A2DPを実装する機器では、このフォーマットへの対応が必須である)、MPEG-1オーディオ、AAC(MPEG-2/4 AAC)、ATRAC

ユースケース[編集]

具体的なユースケースとして、デジタルオーディオプレイヤーからヘッドフォンまでのオーディオデータのストリーミングがあげられる。このとき、ストリーミング配信側(デジタルオーディオプレイヤー)をソース(SRC)、ストリーミング受信側(ヘッドフォン)をシンク(SNK)と呼ぶ。なお、ひとつのSRCに対し、複数のSNKを同時に利用することはできない。例述すると、1台のデジタルオーディオプレイヤーAが存在し、Aとペアリング設定が完了しているヘッドフォンが2台存在する(それぞれB、Cとする)とき、A-B間のストリーミングとA-C間のストリーミングを同時に行うことはできない。

実際のA2DPの動作は、SRCからSNKまでのオーディオデータストリームのセットアップ、制御、操作である。たとえば、SRCの操作(デジタルオーディオプレイヤーに対するリモートコントロール)などはこのプロファイルの定義範囲に含まれない。

他プロファイルとの関連・依存[編集]

A2DPは、GAVDPGAPに依存している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]