Aサイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Aサインの許可証

Aサイン(英語: A Sign)は、本土復帰前の沖縄において米軍公認の飲食店風俗店に与えられた営業許可証[1]

1953年に制度が発足し、米軍風紀取締委員会による衛生基準に合格した業者に与えられた。Aサインの「A」は「Approved(許可済)」の頭文字で、公認の店舗は許可証か「A」の表示を店頭に掲げて営業した。この制度の目的は沖縄の風俗・飲食店が米軍要員及びその家族の健康と福祉に脅威を与えないために、一定の衛生及び建築の基準に適合基準を設けることにあった[1]。米軍の懸念は主に島内飲食店の衛生水準及び風俗店を介した性病感染にあった[1]

1958年に権限を琉球政府に移譲したが、1962年に再度米軍に移管された。1963年には新基準に移行しており、この際にAサイン店舗数は大幅に減少した[1]。衛生基準はかなり厳格で、店舗はコンクリート造りであることなど多額の設備投資が迫られたほか、従業員は週1度の検査が課されるなど厳しい運用であった。

1967年に米軍四軍合同の軍医で組織された琉球米軍合同医療委員会は主に性病感染防止の観点からAサイン制度が有効に機能していないと指摘し、その廃止を勧告している[1]。この勧告を受けて在琉米軍は勧告を支持するが、琉球政府の厚生局と公安局は廃止に強く反対した[1]

沖縄返還直前の1972年4月15日に廃止された。現在でも当時の許可証を店内に掲示して記念としている飲食店がある。

業種の区別[編集]

業種によって「A」の文字色が違っていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]