陳伯山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2021年2月11日 (木) 02:40; 210.5.174.98 (会話) による版(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

陳伯山(ちん はくさん、550年 - 589年)は、南朝陳皇族。鄱陽王。文帝陳蒨の三男。は静之。

経歴[編集]

陳蒨と厳淑媛のあいだの子として生まれた。560年天嘉元年)7月、鄱陽王に封じられた。10月、東中郎将・呉郡太守に任じられた。565年(天嘉6年)12月、縁江都督・平北将軍・南徐州刺史に転じた。566年天康元年)5月、鎮北将軍に進んだ。567年光大元年)2月、鎮東将軍・東揚州刺史に転じた。569年太建元年)1月、召還されて中衛将軍・中領軍に任じられた。574年(太建6年)6月、征北将軍・南徐州刺史となった。575年(太建7年)10月、征南将軍・江州刺史に転じた。579年(太建11年)6月、入朝して中権将軍・護軍将軍の号を受けた。581年(太建13年)1月、開府儀同三司の位を受けた。582年(太建14年)1月、後主が即位すると、中権大将軍に進んだ。586年至徳4年)1月、鎮衛将軍に進んだ。9月、持節・都督東揚豊二州諸軍事・東揚州刺史として出向し、侍中の位を加えられた。587年禎明元年)、生母が死去したため、辞職して喪に服した。588年(禎明2年)、再起して鎮衛大将軍・開府儀同三司の位を受けた。589年(禎明3年)1月、死去した。享年は40。まもなく陳が滅んだため、贈諡はなかった。

子女[編集]

伝記資料[編集]