48ビット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

48ビット: 48-bit)とは、コンピュータにおいて、連続した48個(桁)のビット(6オクテット)であり、バイナリで最大281,474,976,710,656(281T)までの数を表現できる。

48ビットアーキテクチャ[編集]

48ビットアーキテクチャのコンピュータには以下がある。

またATA-6のイントロダクションで、Logical Block Addressingで使用されるアドレスサイズは48ビットである。

x86-64アーキテクチャの最小の実装は、64ビットにエンコードされる48ビットアドレッシングを提供し、アーキテクチャ将来のバージョンでは適切に書かれたアプリケーションを修正せずに拡張ができる。

画像データ[編集]

デジタルイメージでは、1ピクセル当たり48ビット(各カラーチャネル(赤、緑、青)当たり16ビット)は、高精度な処理に使われている。48ビットイメージは24ビットイメージよりも良く見えはしないが、色間の陰影がより存在するため(256段階に対して65,536段階)、多段階の画像処理を行っても目立つバンディングポスタリゼーション(トーンジャンプ)が起こるリスクを避けられる。

参照[編集]

  1. ^ AS/400の機能拡張 - IBM

関連項目[編集]