45×90地点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北アメリカの45×90地点を示すマーカーと標識。後に「実際の45×90地点はマーカーよりも約1064フィート(約324メートル)後方の野原の中にある」旨の注意書きが標識に追加された。
北アメリカの45×90地点を示すマーカー(正しい位置ではない)

45×90地点(―ちてん)とは、両から赤道までと本初子午線から180度経線までのそれぞれの中間の経緯度を持つ4つの地点のことである。具体的には、北緯45度線南緯45度線東経90度線西経90度線のいずれか2つの交点のことである。

北緯45度・西経90度[編集]

最もよく知られ、人がよく訪れる45×90地点は、アメリカ合衆国ウィスコンシン州マラソン郡リートブロック英語版にある北緯45度0分0秒 西経90度0分0秒 / 北緯45.00000度 西経90.00000度 / 45.00000; -90.00000地点である。この地点の標高は、海抜410 mである。

ここには、マラソン郡公園委員会により設置された、45×90地点を表すマーカーと標識がある。個人向けGPS機器の普及に伴い、後になって「実際の45×90地点はマーカーよりも約1064フィート(約324メートル)後方の野原の中にある」旨の注意書きが標識に追加された。ただし、これは道路沿いの場所にするために故意にずれた場所に設置されたものである。

北緯45度・東経90度[編集]

もう1つの陸上の45×90地点は、中華人民共和国新疆ウイグル自治区モンゴルとの国境近くの荒地にある北緯45度0分0秒 東経90度0分0秒 / 北緯45.00000度 東経90.00000度 / 45.00000; 90.00000地点である。ウルムチ市から240km北東のところにある。行政上は、奇台県チンギル県の境界上にある。この地点の標高は、海抜1,009 mである。

2004年4月13日、一人のアメリカ人と、この地点に最も近い(110km南南西)奇台県の町のタクシー運転手がこの地点を訪問し、Degree Confluence Project英語版に訪問記録を残している[1]。彼らの記録によれば、この地点には45×90地点であることを示す記念碑やマーカーなどは一切ない。

南緯45度・東経90度[編集]

南緯45度・東経90度付近でのマレーシア航空370便の捜索

南緯45度0分0秒 東経90度0分0秒 / 南緯45.00000度 東経90.00000度 / -45.00000; 90.00000地点は、インド洋の海上である。サンポール島から南東に1,244 km、ハード島から北東に1,480 km、ケルゲレン諸島ポルトーフランセから東北東に1,569 km、北極から北に2,425 kmの位置にある。人が住んでいる場所で最も近いオーストラリア西オーストラリア州オーガスタ英語版からは、南西に2,448 kmである。アフリカからは、レユニオン島から南東に4,080 km、モザンビークベンゲラ島英語版から南東に5,550 km、南アフリカモーセル・ベイ英語版から南東に5,800 kmである。この地点の水深は、3,197 mである。

2014年3月、消息不明となったマレーシア航空370便の破片と見られる物がこの地点付近にあることが、衛星画像の解析により判明し、付近の捜索が行われた[2][3][4]

南緯45度・西経90度[編集]

南緯45度0分0秒 西経90度0分0秒 / 南緯45.00000度 西経90.00000度 / -45.00000; -90.00000地点は、南太平洋の海上である。チリグアイテカス英語版の西南西1,297 km、南極大陸の北3,070 kmの位置にある。この地点の水深は、4,180 mである。

出典[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]