2015 クリケット・ワールドカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

2015 ICCクリケット・ワールドカップは、2015年に開催の第11回クリケット・ワールドカップ。2月14日から3月29日までオーストラリアとニュージーランドの共催で行われた。決勝はメルボルンのクリケット場で行われ、オーストラリアが186-183でニュージーランドを下し、2大会ぶり5度目の優勝を果たした。

出場国[編集]

ICCフルメンバー
WCLチャンピオンシップ上位2カ国
W杯予選勝抜国

大会方式[編集]

グループステージは14チームを2組に分かれて試合を行う。方式はワン・デイ・インターナショナル。上位4チームが決勝トーナメント進出。決勝トーナメントはノックアウト方式で行われるが、3位決定戦は実施しない。

競技会場[編集]

シドニー メルボルン アデレード ブリスベン パース
シドニー・クリケット・グラウンド メルボルン・クリケット・グラウンド アデレード・オーバル ジ・ガッバ WACAグラウンド
Capacity: 48,000 (upgraded)[1] Capacity: 100,024 Capacity: 53,500 (upgraded)[2] Capacity: 42,000 Capacity: 24,500
Ashes 2010-11 Sydney Test final wicket.jpg MCG (Melbourne Cricket Ground).jpg Completed Adelaide Oval 2014 - cropped and rotated.jpg Australia vs South Africa.jpg 3rd Test, Perth, 15Dec2006.jpg
ホバート キャンベラ
ベッレリーヴェ・オーバル マヌカ・オーバル
Capacity: 20,000 (upgraded)[3] Capacity: 13,550
Bellerive oval hobart.jpg Manuka Oval.JPG
オークランド クライストチャーチ
イーデン・パーク ハグレー・オーバル
Capacity: 50,000 Capacity: 20,000
Eden Park at Dusk, 2013, cropped.jpg Hagley Oval 2007 - from HagleyParkAerialPhoto.jpg
ハミルトン ネーピア ウェリントン ネルソン ダニーデン
セッドン・パーク マクリーン・パーク ウェリントン・リージョナル・スタジアム サックストン・オーバル ユニバーシティ・オーバル
Capacity: 12,000 Capacity: 22,500 Capacity: 37,000 Capacity: 5,000 Capacity: 6,000
Waikato cricket ground.jpg McLean Park, Napier.jpg Westpac Stadium Cricket luving Crowd.jpg Saxton oval panorama cropped.jpg New Zealand vs Pakistan, University Oval, Dunedin, New Zealand.jpg
Source:[4] (correct except for upgraded stadia, which have their own sources)


賞金総額[編集]

順位 賞金 (US$) Total
優勝 $3,975,000 $3,975,000
準優勝 $1,750,000 $1,750,000
準決勝敗退 $600,000 $1,200,000
準々決勝敗退 $300,000 $1,200,000
グループステージ勝利(1勝あたり) $45,000 $1,890,000
グループステージ敗退 $35,000 $210,000
Total $10,225,000

グループステージ[編集]

Pool A[編集]

Team Pld W L T NR NRR Pts
 ニュージーランド 6 6 0 0 0 +2.564 12
 オーストラリア 6 4 1 0 1 +2.257 9
 スリランカ 6 4 2 0 0 +0.371 8
 バングラデシュ 6 3 2 0 1 +0.136 7
 イングランド 6 2 4 0 0 −0.753 4
 アフガニスタン 6 1 5 0 0 −1.853 2
 スコットランド 6 0 6 0 0 −2.218 0

Pool B[編集]

Team Pld W L T NR NRR Pts
 インド 6 6 0 0 0 +1.827 12
 南アフリカ共和国 6 4 2 0 0 +1.707 8
 パキスタン 6 4 2 0 0 −0.085 8
西インド諸島の旗 西インド諸島 6 3 3 0 0 −0.053 6
 アイルランド 6 3 3 0 0 −0.933 6
 ジンバブエ 6 1 5 0 0 −0.527 2
 アラブ首長国連邦 6 0 6 0 0 −2.032 0

決勝トーナメント[編集]

  準々決勝 準決勝 決勝
                           
  A1   ニュージーランド 393/6  
B4  西インド諸島の旗 西インド諸島 250  
  B2   南アフリカ共和国 281/5  
  A1   ニュージーランド 299/6  
A3   スリランカ 133
  B2   南アフリカ共和国 134/1  
    A1   ニュージーランド 183
  A2   オーストラリア 186/3
  B3   パキスタン 213  
A2   オーストラリア 216/4  
  A2   オーストラリア 328/7
  B1   インド 233  
B1   インド 302/6
  A4   バングラデシュ 193  

放送[編集]

放送設備を管理・コンサルティングする組織として、ICC公式ブロードキャスターのStar Sportsが担当。

国・地域 テレビ放送局 ラジオ放送局 ウェブストリーム
アフガニスタンの旗 アフガニスタン Cable/satellite Ariana Television Network, Lemar TV
オーストラリアの旗 オーストラリア
ABC (ABC Local Radio, ABC Digital Extra, ABC radio app, Grandstand Digital, Online),[6] 3AW FOXスポーツ (Foxsports.com.au)
アフリカ (南アフリカ除く) SuperSport
アラブ世界 Cable/satellite OSN Sports Cricket
バングラデシュの旗 バングラデシュ Cable/satellite バングラデシュ・テレビジョン, Maasranga TV and Gazi Television Bangladesh Betar Star Sports
ブータンの旗 ブータン Star Sports
カナダの旗 カナダ Cable/Satellite (pay): ロジャーズ・コミュニケーションズ [7]

Free-to-air: オムニ・テレビジョン (India vs Pakistan only)

EchoStar broadband (pay): ロジャーズ・ケーブル
中米 EchoStar
欧州
(英愛除く)
Star Sports
フィジーの旗 フィジー フィジー・テレビジョン Star Sports
インドの旗 インド
All India Radio (インド戦、決勝トーナメントのみ)
AIR FM Rainbow (試合速報)[10]
イギリスの旗 イギリス and アイルランドの旗 アイルランド
BBC BスカイB
ジャマイカの旗 ジャマイカ テレビジョン・ジャマイカ
ニュージーランドの旗 ニュージーランド
Sky Sport
パキスタンの旗 パキスタン
Hum FM Star Sports
シンガポールの旗 シンガポール Star Cricket
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ Free-to-air: 南アフリカ放送協会
Cable/satellite: SuperSport
SuperSport
スリランカの旗 スリランカ Free-to-air: Channel Eye Cable/satellite: Star Sports Star Sports
アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦 OSN Radio 4 - 89.1 FM
アメリカ合衆国の旗 アメリカ 衛星放送 (有料): ディッシュ・ネットワーク ブロードバンド (有料): WatchESPN[19]
西インド諸島の旗 西インド諸島 無料放送: CMC CMC CMC


脚注[編集]

  1. ^ Seating Capacities”. Sydney Cricket & Sports Ground Trust. 2015年1月31日閲覧。
  2. ^ Fast facts”. Adelaide Oval. 2015年1月31日閲覧。
  3. ^ Re-Development Blundstone Arena A Word From Our Chief Executive”. Cricket Tasmania. 2015年1月31日閲覧。
  4. ^ Grounds”. ESPNcricinfo. ESPN Sports Media. 2015年1月31日閲覧。
  5. ^ “FOX SPORTS and the Nine Network home to ICC's Cricket World Cups from 2012-2015”. Foxtel. (2012年8月29日). http://www.foxtel.com.au/whats-on/foxtel-insider/fox-sports-and-the-nine-network-home-to-iccs-cricket-world-c-196879.htm 2014年1月2日閲覧。 
  6. ^ ICC World Cup 2015: Live on ABC Grandstand”. Australian Broadcasting Corporation (2015年2月12日). 2015年2月13日閲覧。
  7. ^ Rogers to deliver live PPV coverage of Cricket World Cup”. Sportsnet.ca. 2015年3月29日閲覧。
  8. ^ “ESPN STAR Sports and ESPN International Announce Agreement for ICC Events and Champions League Twenty20 for the Caribbean through 2015”. BusinessWire India. (2012年6月27日). http://www.businesswireindia.com/news/news-details/espn-star-sports-espn-international-announce-agreement-icc-events-cham/31750 2014年1月18日閲覧。 
  9. ^ ICC Cricket World Cup 2015 Live”. The Times of India. 2015年3月2日閲覧。
  10. ^ ICC Cricket World Cup 2015: All India Radio to broadcast select matches
  11. ^ “Sky wins new ICC deal”. Sky Sports. (2012年5月1日). http://www1.skysports.com/cricket/news/12172/7721559/sky-wins-new-icc-deal 2014年1月2日閲覧。 
  12. ^ Sky Sports World Cup to be dedicated cricket channel for 2015 tournament”. Sky Sports (2015年1月13日). 2015年1月31日閲覧。
  13. ^ ITV net CWC Highlights”. Guardian Newspaper. 2015年2月15日閲覧。
  14. ^ a b Connolly, Eoin (2013年7月26日). “Sky to show Cricket World Cup in New Zealand”. SportsPro. http://www.sportspromedia.com/news/sky_sport_to_show_cricket_world_cup_in_new_zealand/ 2014年1月2日閲覧。 
  15. ^ PRIME Coverage [list]”. 2015年3月2日閲覧。
  16. ^ Joshua. “Cricket World Cup 2015 on Prime”. 2015年3月2日閲覧。
  17. ^ CWC 2015 Announces Opening Events, 16 Dec 2014”. ICC. 2015年1月17日閲覧。
  18. ^ Connolly, Eoin (2013年7月26日). “Ptv to show Cricket World Cup in Pakistan”. SportsPro. http://sports.ptv.com.pk/ 2014年1月2日閲覧。 
  19. ^ “ESPN buys US rights for 2015 World Cup”. ESPNcricinfo (ESPN Sports Media). (2011年3月23日). http://www.espncricinfo.com/usa/content/story/507588.html 2014年10月7日閲覧。 

外部リンク[編集]