2013年サナア自爆テロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2013年サナア自爆テロ
イエメンにおけたアルカーイダテロ活動
場所 イエメンサナア
日付 2013年12月5日
標的 イエメン国防省
死亡者 52[1]
負傷者 162[2]
容疑者 ShababFlag.svg アラビア半島のアルカーイダ

2013年サナア自爆テロ(にせんじゅうさんねんさぬあじばくてろ)は、2013年12月5日に、イエメン首都サナアアルカーイダ武装集団による起きたテロ活動

背景[編集]

2012年2月に長期独裁政治を実行していたイエメンの大統領アリー・アブドッラー・サーレハが退任して以来、国内でアルカーイダ系武装勢力が活動を活発化させ、政府との衝突が続いている。

経過[編集]

当日午前9時、爆発物を積んだ車がサナアにある国防省の軍事病院に突っ込み、爆発し、さらに病院内で政府の治安部隊と銃撃戦になった[3][4]

死傷数[編集]

52人が死亡し、167人が負傷した。多くの死者は病院にいた患者だったが、ドイツ人ベトナム人の医者、フィリピン人インド人の看護師も含まれていた。

犯行者[編集]

国際テロ組織アルカーイダ系武装組織「アラビア半島のアルカーイダ」が同月6日に、インターネット上に犯行声明を出した。[5]

脚注[編集]

  1. ^ Ghobari, Mohammed. “Suicide bomber, gunmen kill 52 at Yemeni defense ministry”. Reuters. 2013年12月6日閲覧。
  2. ^ Doctors killed in Yemen's ministry assault - Middle East”. Al Jazeera English. 2013年12月6日閲覧。
  3. ^ イエメン国防省で爆弾テロと銃撃戦 52人死亡
  4. ^ イエメンで武装勢力が病院を襲撃 52人死亡
  5. ^ イエメン、テロの死者52人に