101匹萌えタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

101匹萌えタン』(ひゃくいっぴきもえタン)は、女性アイドルグラビアアイドルが総勢101名出演する日本演劇作品。またそれに付随するイベントの総称。2006年7月に1時間目(第1話)から4時間目(第4話)が上演され、同年11月に、特別公演として5時間目が上演された。脚本は、相沢まくら。演出は、山口喬司。製作は、有限会社アクアス・エンターテインメント

概略[編集]

出演者の一人である野村日香理らが「アイドル100人で何かやらない?」とmixiを通して呼びかけを行い、集まった100人の女の子による演劇作品の上演を企画。その呼びかけに呼応する形で、アクアス・エンターテインメントが製作事務局を設置し、本格的に企画が立ち上がった。mixiのみならず、木嶋のりこ等の人気アイドルも加え100名が確定し、ゲスト出演者として後藤理沙を迎え、総勢101名となった。その101名のアイドル達が、本番に向けて厳しい稽古を耐え抜き、演劇作品の上演に挑戦するという過程を楽しむエンターテインメント作品である。

本番の構成は、第1話~第4話の4部構成となっており、それぞれ、1時間目~4時間目という名称が付けられている。1日に、異なる台本と演出の物語を、計4本上演し、2日間でのべ2000人の動員を達成。その後、観客の要望に応える形で、特別公演として5時間目が上演された。

物語は、東京美少女学園という架空の女子高を舞台に繰り広げられる学園ストーリー。 1~5時間目には、それぞれにタイトルが付けられており、基本的には、全て独立した内容となっているが、4時間目のみ、1~3時間目に隠された謎が全て解き明かされるという仕掛けが施されている。 なお、5時間目は、学校名以外、1~4時間目とは完全に独立した作品となっているが、時系列的には、3時間目と4時間目の間に位置しているとも言われている。

それぞれのステージは、ストーリーのみに止まらず、1時間目はドタバタコメディ、2時間目はサスペンスホラー、3時間目は恋愛ドラマ、4時間目はアクション、5時間目はダンスというように、楽曲の選択から机の配置まで、全く異なるコンセプトの演出が施されている。

公演スケジュール[編集]

1~4時間目:2006年7月29日-7月30日 六行会ホール

5時間目特別公演:2006年11月9日-11月12日 千本桜ホール

サブタイトル[編集]

  • 1時間目:「Whose is my Dream ?」~ワタシノユメハダレノユメ~
  • 2時間目:「DISCORDΦLAMENT」~戦慄のアンガージュマン~
  • 3時間目:「ドッキドキ☆夏合宿」~潮風・そよ風・恋の風~
  • 4時間目:「R」~mission~
  • 5時間目:「DANCING♀MERMAID」

キャスト[編集]

1~4時間目出演者[編集]

「主題歌」

「ゲスト」

デジタル写真集[編集]

101匹萌えタン出演アイドル23タイトルのデジタル写真集がリリースされた。 サイン付き・100枚限定CD写真集

5時間目特別公演[編集]

「日替わりゲスト」

「シークレットゲスト」

イベント[編集]

  • 101匹萌えタン制作発表
  • 101匹萌えタン秋葉原練り歩き
  • 101匹萌えタン クリスマスパーティ&大忘年会
  • 萌え萌え☆バレンタイン大作戦!~バレンタインチョコをください☆~
  • 101匹萌えタンinデジらく 夏、水着祭り
  • 101匹萌えタンドッヂボール大会
  • 「汗ダク!特モリ!101匹萌えタン」DVD発売記念イベント
  • 101匹萌えタン課外授業 ビーチで萌え萌えin海の家 鹿嶋

その他[編集]

  • 本編の配役は、稽古を進めながら、そのキャラクターを演じきった者が役を勝ち取れるというサバイバルレース形式であった。実力不足で役を貰えなかったり、厳しい稽古に耐えきれなくなったりして、降板してしまう脱落者もいた。
  • 合言葉は「萌えッス!」
  • 携帯サイト「ムービーフル」で、稽古の様子が配信されていた。
  • 教頭役の深沢和明は、ロックバンドBOØWYの元メンバーである。

外部リンク[編集]