1,2-ジクロロテトラフルオロエタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
1,2-ジクロロテトラフルオロエタン
識別情報
CAS登録番号 76-14-2 チェック
ChemSpider 6189 チェック
UNII 6B5VVT93AR ×
EC番号 200-937-7
ChEMBL CHEMBL325436 ×
特性
化学式 C2Cl2F4
モル質量 170.92 g/mol
密度 1.455 g/cm3
融点

-94 °C, 179 K, -137 °F

沸点

3.5 °C, 277 K, 38 °F

危険性
主な危険性 オゾン層破壊
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

1,2-ジクロロテトラフルオロエタン(1,2-Dichlorotetrafluoroethane)またはR-114は、化学式ClF2CCF2Clのフロン類である。国際一般名は、クリオフルオラン(cryofluorane)である。主な用途は、冷媒である。甘くクロロホルムのような匂いを持った非可燃性の気体で、臨界点は、145.6℃、3.26MPaである。圧力をかけるか冷やすと、無色の液体になる。気候変動に関する政府間パネルオゾン層破壊物質として挙げられ、オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書ではクラスIグループIのオゾン層破壊物質に分類される[1]

トリクロロフルオロメタンよりもシステム内の空気や水分の漏れを抑えられることから、アメリカ海軍は、この物質を遠心分離機チラーとして用いている。

また、トリクロロフルオロメタンをチラーとして用いるエバポレーターが運転中真空を必要とするのに対し、1,2-ジクロロテトラフルオロエタンは、運転中にほぼ圧力を生み出さない。

出典[編集]

  1. ^ Class I Ozone-depleting Substances, United States Environmental Protection Agency, オリジナルの2010年12月10日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20101210101528/http://www.epa.gov/ozone/science/ods/classone.html 2012年5月11日閲覧。 

外部リンク[編集]