龍北工房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高校生の店 龍北工房(こうこうせいのみせ たつきたこうぼう)は、兵庫県たつの市龍野町下川原にある、兵庫県立龍野北高等学校定時制課程商業科[1]の3年生の生徒が主に運営する商業実践常設店舗である。キャッチフレーズは「高校生の力で地域に笑顔を!」

概要[編集]

高校生の店「龍北工房」は歴史的・伝統的建造物が残る[2]旧市街地にあり、古い町家を修景し、龍野の魅力を発信する拠点として活動している。

高校生が、会社のように、陶芸・レザー・印刷の3つの部署があり、役割を決めて働いている。会社組織同様、社長や各部の部長、経理といった役割を決めて運営している。

歴史[編集]

  • 2013年平成25年)7月 - 高校生の店 龍北工房として、印刷レザー陶芸の3部門でオープン。(初代 龍北工房)
  • 2016年(平成28年)9月10日[3] - 店の奥側を改装し、喫茶店風に仕上げ、新たに食品部門を加えて、リニューアルオープン。同時に営業日を週6日に増やし、営業時間を17時までと長くなった。(4代目 龍北工房)
  • 2016年(平成28年)10月17日22日/11月29日 - NHK神戸サンテレビで「龍北工房」の活動内容がテレビ放映された。(下記参照「テレビ放映」)
  • 2016年(平成28年)11月 - 冬季限定メニュー にゅうめんセットが新登場。翌年3月まで販売。
  • 2016年(平成28年)11月 - 土間の配置を変更。
  • 2016年(平成28年)12月 - 坪庭リニューアル。お茶室が完成。
  • 2017年(平成29年)1月 - 期間限定メニュー 味噌ラーメンが新登場。3月まで販売。
  • 2017年(平成29年)3月 - お茶室の名前が決まる。「又逢󠄀(ゆうほう)」
  • 2017年(平成29年)4月- 昨年9月のリニューアルオープン以来あった食品部が無くなり、食事が出来なくなった。高校生をサポートする龍北工房運営協議会がなくなったためである。
  • 2017年(平成29年)4月1日 - 営業日変更。これまでは月曜日を休日とし、毎日営業していたが、定時制の授業が行われている火・水曜日のみの営業となる。

営業時間[編集]

2017年4月1日~ 現在[編集]

  • 印刷代行:火・水曜日 11:00 - 15:30

2016年9月10日~2017年3月31日[編集]

  • 食品部:火~日曜日 11:00 - 17:00
  • 印刷代行:火曜日 11:00 - 16:00

 ※祝日は休業

 ※12月27日(火)は印刷代行のみ営業された。

 ※12月28日(水)~1月6日(金)は、正月休み。

リニューアルオープン前[編集]

印刷代行等:火曜日 11:00 - 15:00

龍北工房通信[編集]

約2ヶ月ごとに発行している。龍北工房の紹介や出来事、お知らせなどを記事にしている。

販売商品[編集]

食品部[編集]

すべて高校生が発案した商品である。2017年3月をもって、すべて販売終了した。

  • 淡口醬油ラーメン
  • 淡口醤油プリン
  • 淡口醤油アイス
  • 蒸し立て醤油饅頭セット
  • 醬油麹チャーシュー丼
  • そうめんセット(夏季限定)
  • にゅうめんセット(冬季限定)
  • 龍北オリジナルブレンドコーヒー
  • 抹茶
  • 梅ジュース
  • オレンジジュース
  • 龍北オリジナルピザ(期間限定)

レザー等[編集]

  • アルファベットストラップ
  • 動物ストラップ
  • 乾氏作品

テレビ放映[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

外部リンク[編集]