黒豚わっぜえか丼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

黒豚わっぜえか丼(くろぶたわっぜえかどん)は、鹿児島県で企画されたご当地グルメのひとつで、かごしま黒豚の肉を使った丼物[1]

古宮庵のわっぜえか丼

概要[編集]

「わっぜえか」とは、鹿児島弁で「すごい」「ものすごい」という意味[2]。 鹿児島名物のかごしま黒豚の肉を使用しており、すごい工夫をしたお店一番のオススメどんぶりであれば黒豚わっぜえか丼の条件を満たす[3][4]。 丼の内容は店によりまちまちであるため、店によって違った味を楽しむことができる[2]。 一例として、料理屋では、鰻の蒲焼の入った飯の上に豚の生姜焼きをのせたものを提供している[2]。 黒豚わっぜえか丼を取り扱っている店舗は、全店共通ののぼりが立っている[3]

歴史[編集]

  • 2004年平成16年)3月13日九州新幹線新八代駅 - 鹿児島中央駅間)の開業に合わせ、鹿児島県料飲業生活衛生同業組合が企画した[1]
  • 2010年(平成22年)9月16日に鹿児島市内において、リニューアルスタート出発式が行われた。
  • 2010年(平成22年)9月時点、リニューアルスタート前だが、鹿児島県料飲業生活衛生同業組合加盟店の数店舗において、黒豚わっぜえか丼が食べられる。
  • 2011年(平成23年)3月12日の九州新幹線全線(博多駅 - 鹿児島中央駅間)の開業に合わせ、2010年(平成22年)11月中旬に32店舗でリニューアルスタート予定。

脚注[編集]

  1. ^ a b 祝 九州新幹線全線開業1周年 (PDF)”. 鹿児島県公式ホームページ. p. 2. 2018年9月22日閲覧。
  2. ^ a b c ウマさ千差万別『黒豚わっぜえか丼』”. 鹿児島県飲食業生活衛生同業組合. 2018年9月22日閲覧。
  3. ^ a b 黒豚わっぜえか丼とは?”. 『黒豚わっぜえか丼』公式サイト. 2018年9月22日閲覧。
  4. ^ かごしま新名物丼「黒豚わっぜえか丼」”. アサヒビール. 2018年9月22日閲覧。

外部リンク[編集]