岡上守道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
黒田礼二から転送)
移動先: 案内検索

岡上 守道(おかのえ もりみち、1890年1月28日 - 1943年4月28日)は日本の記者、労働運動家木曜会新人会の参加者。クロポトキンレーニンにちなむ黒田 礼二(くろだ れいじ)の筆名で知られる。

略歴[編集]

高知県出身。東京帝国大学新人会(前期新人会)に参加。また、麻生久らの木曜会に参加する。

プロフィンテルン第2回大会において山本懸蔵の通訳として活躍。

大阪朝日新聞の記者となり、ベルリン特派員としてドイツに派遣された。1943年、ボルネオに渡航途中、乗っていた船が撃沈されて死去した。