黒崎宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

黒崎 宏(くろさき ひろし、1928年10月25日 - )は、日本の哲学者成城大学名誉教授。

来歴[編集]

東京生まれ。1966年東京大学哲学科大学院修士課程修了。長く成城大学教授を務めた。一貫してルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインについて研究し、近年は東洋思想との比較を行っている。2008年瑞宝中綬章受章。

著書[編集]

  • 科学と人間 ウィトゲンシュタイン的アプローチ 勁草書房 1977
  • ウィトゲンシュタインの生涯と哲学 勁草書房 1980
  • 科学の誘惑に抗して ウィトゲンシュタイン的アプローチ 勁草書房 1987
  • ウィトゲンシュタインと禅 哲学書房 1987
  • 「語り得ぬもの」に向かって ウィトゲンシュタイン的アプローチ 勁草書房 1991
  • 言語ゲーム一元論 後期ウィトゲンシュタインの帰結 勁草書房 1997
  • ウィトゲンシュタインが見た世界 新曜社 2000
  • ウィトゲンシュタインと「独我論」 勁草書房 2002
  • ウィトゲンシュタインから道元へ 私説『正法眼蔵』哲学書房 2003
  • ウィトゲンシュタインから龍樹へ 私説『中論』哲学書房 2004
  • 純粋仏教 セクストスとナーガールジュナとウィトゲンシュタインの狭間で考える 春秋社 2005
  • 理性の限界内の『般若心経』ウィトゲンシュタインの視点から 春秋社 2007
  • 「自己」の哲学―ウィトゲンシュタイン・鈴木大拙西田幾多郎 春秋社 2009
  • 啓蒙思想としての仏教 春秋社 2012

共編著[編集]

  • 科学哲学概論 永井成男共著 有信堂 1967
  • ウィトゲンシュタイン小事典 山本信共編 大修館書店 1987
  • 「山本先生の思い出」『形而上学の可能性を求めて──山本信の哲学』(共著) 工作舎, 2012 ISBN 978-4-87502-447-7

翻訳[編集]

  • 自然科学の哲学 カール・G.ヘンペル 培風館 1967
  • 精神の本性について 科学と哲学の接点 マリオ・ブンゲ 米沢克夫共訳 産業図書 1982
  • ウィトゲンシュタインのパラドックス 規則・私的言語・他人の心 ソール・A・クリプキ 産業図書 1983
  • 意識と因果性 心の本性をめぐる論争 D.M.アームストロング、ノーマン・マルカム 産業図書 1986
  • 何も隠されてはいない ヴィトゲンシュタインの自己批判 ノーマン・マルカム 産業図書 1991
  • 哲学的探究 第1-2部 ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン 産業図書 1994-95
  • 『哲学的探求』読解 ウィトゲンシュタイン 産業図書 1997
  • ウィトゲンシュタインと宗教 ノーマン・マルカム 法政大学出版局 1998
  • 『論考』『青色本』読解 ウィトゲンシュタイン 産業図書 2001