黒岩恒雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

黒岩 恒雄(くろいわ つねお、1922年大正11年)12月24日 - 2014年平成26年)1月2日)は、日本の実業家日本梱包運輸倉庫相談役・元社長、日本陸送・日本運輸各会長、仙台梱包運搬社取締役、名古屋梱包運搬社・武蔵野ディーゼル興業・オートテクニック各監査役、東京都トラック協会理事、全国商品車輸送協力会会長。

略歴[編集]

1922年、由蔵の三男として、茨城県猿島郡新郷村に生まれる。趣味はスポーツ。

1940年昭和15年)、茨城県立古河商業学校卒業。満州国際運輸入社。

1948年(昭和23年)、日本運搬社入社

1953年(昭和28年)、日本梱包運搬社(日本梱包運輸倉庫の前身)を設立し、同社代表取締役社長に就任

1989年(平成元年)、同社代表取締役会長

1993年(平成5年)、勲五等双光旭日章受章

1999年(平成11年)、同社代表取締役相談役

2003年(平成15年)、同社相談役

2014年1月2日、骨髄異形成症候群で死去、91歳。[1]

参考[編集]

  • 交詢社 第69版 『日本紳士録』、1986年
  • LNEWS 2014年1月6日

脚注[編集]

  1. ^ 黒岩恒雄さん死去 元日本梱包運輸倉庫社長 朝日新聞、2014年1月6日