鶴岡裕太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

鶴岡 裕太(つるおか ゆうた、1989年12月28日 - )は、日本の起業家。大分県出身。BASE株式会社創業者。

決済の簡易化を主軸とした複数の事業を手掛け、2016年にForbes が選ぶ「アジアを代表する30歳未満」の小売り&Eコマース部門に選出されている[1]

略歴[編集]

大学在学中にクラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」を運営するハイパーインターネッツ社(現: 株式会社CAMPFIRE)のエンジニアインターンを経験。そこで出会ったシリアルアントレプレナーの家入一真と複数のサービスを立ち上げ、バックエンドのプログラミングやディレクションを行う。そこで、後に会社設立のきっかけとなるネットショップ作成サービス「BASE」のプロジェクトを開始する。2012年11月に「BASE」をリリース。当初、2013年4月までに1万店舗の開設が目標だったが、わずか1カ月で目標の1万店舗を達成した。2012年12月11日にBASE株式会社として法人化。BASE株式会社はサイバーエージェントメルカリSBIホールディングスから出資を受けている。

出典[編集]

  1. ^ 30 under 30 Asia”. Forbus. 2017年1月27日閲覧。

外部リンク[編集]