鶴岡トシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鶴岡トシ(つるおか トシ、1894年7月11日1978年8月3日[1])は、教育者北海道文教大学短期大学部初代学長

生涯[2][編集]

新潟県出身。越後の藩士の家に生まれる。1908年、新潟県立新潟高等女学校(現・新潟県立新潟中央高等学校)卒業。1908年より1917年まで新潟県内の小学校教諭。1912年、帝国女子専門学校卒業。1917年、成美女学校(現・せいとく介護こども福祉専門学校)専任講師。1942年6月、北海道女子栄養学校を設立し、校長に。1960年4月、北海道栄養学校校長に就任。1963年4月、北海道栄養短期大学を設立し、初代学長に。1963年12月、学校法人鶴岡学園初代理事長で夫の鶴岡新太郎が急逝し、2代理事長に。1965年4月、藤の沢女子高等学校(現・北海道文教大学明清高等学校)3代校長に就任。1970年4月、北海道栄養短期大学附属幼稚園(現・北海道文教大学附属幼稚園)を設立し、初代園長となる。

1983年7月、北海道栄養短期大学構内に鶴岡トシ・鶴岡新太郎の胸像が建立された[3]

受賞歴[編集]

  • 1967年 北海道知事表彰
  • 1968年 勲四等瑞宝章
  • 1975年 北海道開発功労賞

脚注[編集]

  1. ^ 日外アソシエーツ編『学校創立者人名事典』(紀伊国屋書店、2007年7月)209頁
  2. ^ 以下につき、鶴岡学園編『鶴岡学園創立五十周年』(学校法人鶴岡学園、1992年9月)26~190頁。STVラジオ編「鶴岡トシ」『続・ほっかいどう百年物語』(中西出版、2006年)295~304頁。
  3. ^ 鶴岡トシ先生之像-札幌市南区
先代:
鶴岡新太郎
学校法人鶴岡学園理事長
2代:1963年-1978年
次代:
高杉年雄
先代:
-
北海道文教大学短期大学部学長
初代:1963年-1978年
次代:
高杉年雄