鳥木千鶴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
とりき ちづる
鳥木 千鶴
プロフィール
愛称 とりP
出身地 日本の旗石川県七尾市
生年月日 (1967-04-24) 1967年4月24日(51歳)
最終学歴 津田塾大学学芸学部
大阪大学大学院人間科学研究科
勤務局 朝日放送[1]
活動期間 1990年 - 2013年
ジャンル 報道情報番組
公式サイト アナウンサープロフィール/鳥木千鶴
出演番組・活動
過去 おはよう朝日です
ABCニュース(ラジオ)
風神雷神タージンです

鳥木 千鶴(とりき ちづる[2]1967年4月24日 - )は、朝日放送(ABC)の元アナウンサー

来歴・人物[編集]

石川県七尾市出身。身長170cm。津田塾大学学芸学部国際関係学科(社会心理学専攻)卒業後の1990年に、アナウンサーとして朝日放送に入社した。同局では約20年ぶりに、社員として採用した女性アナウンサー。同期入社のアナウンサーに保坂和拓上田慶行(後に他部署へ異動)がいる。

朝日放送テレビで生放送番組『おはよう天気です』に出演していた1995年1月17日には、番組の冒頭で阪神・淡路大震災に遭遇。放送中断に追い込まれるほどの激しい揺れを経験したが、とっさの判断で、「カメラの前の皆さん、安全な場所へ避難して下さい」と訴えた。このシーンのVTRは、現在に至るまで、同局やANN系列の震災・防災関連の番組で記録映像として繰り返し放送されている。

その後は、アナウンサーとして勤務するかたわら、大阪大学大学院人間科学研究科(健康人間科学講座・身体運動学専攻)で修士号を取得。ラジオ番組で共演したタージンからは、「とりP」と呼ばれていた。

2000年代半ばからしばらく産休・育休に入っていたが、2009年4月にアナウンサーとして職場復帰。同年10月からは、朝日放送ラジオのナイターオフ番組『たぶん晴れます!?清水です』に、ラジオパーソナリティ初挑戦の清水とおる気象予報士)のパートナーとして出演していた。

近年は、育児を目的に短時間勤務を認められている関係で、番組出演の機会をラジオ版『ABCニュース』(2013年3月31日まで『ABC朝日ニュース』)やナレーションに限定。その一方で、管理職として、新人・若手アナウンサーの教育係も務めていた。そのアナウンス技術の高さは『桑原征平粋も甘いも』(朝日放送ラジオ)内で『ABCニュース』を担当する際に、アナウンサーの大先輩・桑原征平(同番組パーソナリティ、元・関西テレビ)が敬意を払うコメントを添えながら鳥木を紹介するほどであった(緊急時を除く)[3]

2013年4月からは、前述の『ABCニュース』に加えて、『新婚さんいらっしゃい!』(朝日放送テレビ)の同時ネット局向け解説放送(ステレオ2)を担当。しかし同年10月の人事異動を機に、同月31日付でアナウンスセンターからコンプライアンス局へ移った。さらに、2015年6月の人事異動で、ビジネス戦略局コンテンツ事業部(課長)に配属された。

アナウンサー時代の出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ アナウンサー職当時は、認定放送持株会社移行前の旧・朝日放送
  2. ^ 朝日放送(所属当時)のプロフィールページでは「ちずる」表記になっている。
  3. ^ 鳥木に限らず、『粋甘』ではアシスタントによるニュース担当アナウンサー紹介後、桑原がそのアナウンサーについて一口コメントを挟むことが特徴。

外部リンク[編集]