鳥居忠求

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鳥居 忠求(とりい ただもと、元文3年(1738年) - 寛政元年9月18日1789年11月5日))は、下野壬生藩の嫡子。第3代藩主鳥居忠意の長男。正室は溝口直温の娘。子は鳥居忠貴(長男)、竹村嘉道(次男)、娘(加藤泰賢継々室)、娘(松平正卜室)、娘(五井松平忠元正室)。官位は従五位下、播磨守。

鳥居忠意の嫡子として生まれ、宝暦5年(1755年)に徳川家重に初御目見・叙任する。父が老中など幕閣の要職にあった関係上、長く嫡子の座にとどまった。寛政元年(1789年)、家督を相続する前に没した。没後は長男の忠貴が代わって嫡子となった。