鳥居忠貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

鳥居 忠貴(とりい ただたか、明和6年(1769年) - 文政2年7月12日1819年9月1日))は、下野壬生藩の嫡子。壬生藩世子・鳥居忠求(第3代藩主・鳥居忠意の長男)の長男。官位は従五位下、伊賀守。

壬生藩の嫡孫として生まれ、天明7年(1787年)に徳川家斉に初御目見・叙任する。寛政元年(1789年)に父が死去した後は祖父の嫡子となったが、寛政3年(1791年)に廃嫡された。代わって、叔父の忠見が嫡子となった。

墓所は東京都文京区の吉祥寺。