鳥媒花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鳥媒花とは、鳥類を利用して花粉を運び、受粉する植物のことである。

概要[編集]

このような植物の花は、赤いものが約80パーセントを占める。花には模様が無いものが多く、鳥が止まりやすいよう、花器は固くなっている。 虫媒花の植物に比べ花期が長く、匂いがほとんど無い。これは鳥の嗅覚が鈍いためである。 蜜は大量に出し、味は割合薄くなっている。 また、ほとんどが昼に花を咲かす。

その利益[編集]

鳥媒花の植物は種類が少ないため、同じ種類の植物に花粉を運ばれる可能性が高い。 また、鳥にとっても他の鳥と争うことが少なくなるという利点がある。

鳥媒花の植物[編集]

鳥媒花に使われる鳥[編集]