魯山大仏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
魯山大仏
Spring Temple Buddha picturing Vairocana, in Lushan County, Henan, China.png
魯山大仏
座標 北緯33度46分30秒 東経112度27分03秒 / 北緯33.775082度 東経112.450925度 / 33.775082; 112.450925座標: 北緯33度46分30秒 東経112度27分03秒 / 北緯33.775082度 東経112.450925度 / 33.775082; 112.450925
種類 彫像
高さ
  • 像単体: 128メートル (420 ft)
  • 台座込み: 208メートル (682 ft)
完成 2008年9月1日 (2008-09-01)
献納 釈迦
地図

魯山大仏(ろざんだいぶつ、簡体字:中原大佛、鲁山大佛、英語:Spring Temple Buddha)は、中国河南省魯山県にある大日如来の仏像である。

概要[編集]

20メートルの蓮華座を含めて、高さは128メートルであり、2018年にインド統一の像が完成するまで世界で最も高い像であった[1]。台座になっている25メートルの建物を含めれば、像の高さは153メートルになる。2008年10月、像が立っている台が造り直され、台座がさらに二つ追加された。上側の台座は15メートルで、像全体の高さはこれで208メートルになった[2]

当初は仏像建設計画全体のコストはおよそ1,800万ドルから5,500万ドルくらい、銅の鋳物1,100パーツで構成され、総重量は1,000トンだと見積もられていた[3]。内部は僧院になっている。

魯山大仏の建設計画はバーミヤン遺跡の大仏タリバーンによって爆破された直後に発表された。中国政府は、アフガニスタンの仏教遺跡が組織的に壊されたことについて非難していた。

ギャラリー[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]