魏咎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

魏 咎(ぎ きゅう、? - 紀元前208年)は、中国戦国時代後期から代にかけての政治家王室の公子で魏の甯陵君(寧陵君)に封じられた。魏豹の兄または従兄。

紀元前225年、魏が秦に滅ぼされると魏咎も庶民におとされたが、紀元前209年陳勝・呉広の乱が起きると魏咎も陳勝の配下となった。陳勝の配下の周巿の地を平定すると人々は周巿を王として立てようとしたが、周巿は魏王室の後裔である魏咎を迎えて王とした。魏咎は周巿の好意に感謝して宰相の位を与えた。このとき、挙兵した陳平が魏咎を慕って配下となり数々の進言をしたものの、周囲の家臣より中傷され逃亡し、項羽に仕えた。

しかし、章邯を任用すると、秦軍の猛烈な巻き返しが始まり、魏軍を率いた周巿は臨済で王の田儋とともに撃破され、窮地に陥った魏咎は人民の安全を条件に降伏し、自ら焼身自殺をした。

魏咎の死後、項梁を頼って逃亡していた弟または従弟の魏豹は懐王(懐王玄孫で擁立された西楚義帝)より数千の兵を借り、魏の20余城を攻め落とし、章邯が項羽に降ると、自ら魏王と称した。