魂の三分説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

魂の三分説(たましいのさんぶんせつ)とは、プラトンが『国家』『パイドロス』『ティマイオス』等で提示[1][2][3]した、人間のプシュケー)を3つの性質に分ける考え方のこと。魂の三区分説魂の三部分説などとも。

構成[編集]

以下の3つから成る。

典拠[編集]

プラトンは『国家』内で2回、『パイドロス』内で1回、この魂の三分説に言及している。

まず『国家』の第4巻(434D-441C)では、ソクラテス等が国家にとっての「知恵」「勇気」「節制」とそれらの適正な配置としての「正義」を確認した後、今度は個人についても同じように検討していくというくだりで、魂の三分説が初めて少しずつ披露されていく。

続いて第9巻(580D-581C)では、国家体制と個人の内面の類似性を証明していくくだりで、3つある証明のうちの2番目の証明で、魂の三分説が再度持ち出される。

『パイドロス』(246A-256E)においては、3つある挿入話の最後で、ソクラテスが「二頭立て馬車と御者の比喩」を使って、魂の三分説を披露している。

また、後期の作品である『ティマイオス』(69C-71A)においても、再び魂の三分説が取り上げられており、父なる創造神デミウルゴスに人間の制作を命令された神々が、人間を制作する際に、魂の不死なる部分で「知性」を司る部分を「頭」に、また魂の死すべき部分の内、「気概」を司る部分を「胸(横隔膜より上)」に、「欲望」を司る獣的部分を「腹(横隔膜と臍の間)」にそれぞれ配置したことが述べられている。

派生概念[編集]

上記の三分説に対応する形で、3つの内、どれを重視するかについての神学哲学心理学上の立場を説明する表現として、

という概念・分類が生まれた。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『国家』第4巻434D-441C, 第9巻580D-581C
  2. ^ 『パイドロス』246A-256E
  3. ^ 『ティマイオス』69C-71A

関連項目[編集]