高茂岬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
高茂岬の展望所から南を望む
高茂岬の位置(愛媛県内)
高茂岬
高茂岬の位置

高茂岬(こうもみさき)は、愛媛県南宇和郡愛南町に属し、豊後水道に突き出る船越半島にある。足摺宇和海国立公園に指定されている。

概要[編集]

80 - 100mに達する海食崖海岸線を形成している。展望所からは、南に高知県沖の島鵜来島が見える。西には豊後水道越しに九州山地も見えることもあり夕刻の風景も楽しめる。近隣の足摺岬佐田岬ほどの知名度は無く、開発はされておらず自然が残されている。

ノジギクが群生し11月頃に開花する。付近にはウバメガシアオギリが自生しており、野猿も生息している。

第2次世界大戦中には、岬の先端に砲台が設置されていた。また、潜水艦などの侵入を察知する防備衛所である高茂衛所が、由良衛所と共に設置されていた。

交通[編集]

愛媛県道34号平城高茂岬線および愛媛県道300号高茂岬船越線が整備され半島を一周できる。定期船、バスなどはない。船越地区から西周りで約12km。

外部リンク[編集]

座標: 北緯32度54分27秒 東経132度28分22秒