アオギリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アオギリ
Firmiana simplex
Firmiana simplex
(2004年8月12日)
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : 真正バラ類II eurosids II
: アオイ目 Malvales
: アオイ科 Malvaceae
亜科 : Sterculioideae
: アオギリ属 Firmiana
: アオギリ F. simplex
学名
Firmiana simplex
(L.) W.F.Wight[1]
シノニム
  • Firmiana platanifolia (L.f.) Marsili
英名
Chinese parasol tree

アオギリ(青桐、梧桐、学名: Firmiana simplex)は、アオイ科(従来の分類ではアオギリ科アオギリ属落葉高木

形態・生態[編集]

樹高は15〜20m。樹皮緑色。小枝は太い[2]

互生し、長柄があり、大きくて薄く、形で掌状に浅く3〜5裂する。基部は心臓形で、鋸歯はない。幼時には、葉の表面、葉枝に軟らかい毛がある[2]

は6〜7月に、枝先に大形の円錐花序を出す。雄花雌花を交え、黄白色5弁の小花を群生する。がく片は5個で、花弁はない。

果実は10月に熟すが、完熟前に形の5片に割れ、心皮の縁辺にエンドウマメくらいの小球状の種子を1〜5個ほど付ける。種子は黄褐色で、皺があり硬い[2]

分布[編集]

中国南部・東南アジア原産。沖縄奄美大島に自生する[2]日本の暖地に野生化した状態でみられることもあるが、多くは街路樹や庭木として植えられる[2]

人間との関わり[編集]

庭木街路樹にし、材を建具家具楽器などとする。種子は古くは食用にされ、太平洋戦争中には炒ってコーヒーの代用品にした。

栽培は、主に春に発芽前の若枝を切って挿し木して育成される[2]

種子は「梧桐子(ごどうし)」と呼ばれる生薬として用いられ、胃痛、下痢の薬効作用がある。葉は、煎じたものを服用することにより、浮腫、高血圧に対し薬効作用があるとされる[2]

中国では鳳凰が住む樹とされた[3]伏羲がはじめて桐の木を削って古琴を作ったという伝説がある(ただしアオギリかキリか不明)[4]

中国人の季節感と深い関係があり、七十二候のひとつに「桐始華」(清明初候)がある。またアオギリの葉が色づくのは秋の代表的な景色であり、王昌齢「長信秋詞・其一」に「金井梧桐秋葉黄」の句がある。また白居易長恨歌」には「秋雨梧桐葉落時」という。

中国の伝説ではアオギリの枝には12枚の葉がつくが、閏月のある年には13枚つくといわれた[5]

アオギリ属[編集]

アオギリ属(アオギリぞく、学名: Firmiana)は、アオイ科の一つ。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Firmiana simplex (L.) W.F.Wight”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2014年1月26日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 馬場篤 1996.
  3. ^ 詩経』大雅・巻阿に「鳳凰鳴矣、于彼高岡。梧桐生矣、于彼朝陽。」とある。また『荘子』秋水篇に鳳凰は梧桐の木にしかとまらないと言う。
  4. ^ 太平御覧』巻579・琴下。「『琴書』曰昔者至人伏羲氏王天下也(中略)削桐為琴。」
  5. ^ 埤雅』巻14・釈木・桐。「旧説、梧桐以知日月正閏。生十二葉、一辺有六葉。従下敷一葉為一月。有閏則生十三葉。視葉小者、則知閏何月。不生、則九州異君。」

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]