高苗京鈴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高苗 京鈴(たかなえ きょうりん、本名非公開、女性、6月22日-)は日本漫画家イラストレーター、ゲームの原画家、同人作家。

経歴[ソースを編集]

幼少の頃、童話風のイラストや『らんま1/2』の絵を描くお絵描き少女として育つ。中学生の時友人から教えてもらった雑誌ファンロード』を読み同人誌即売会を知り、程なく同人作家として活動する。デザイン系の専門学校卒業後OLをする傍らSNK対戦格闘ゲームザ・キング・オブ・ファイターズ』の同人誌を描いた所、出版社から声がかかり同作のアンソロジーコミックやパロディコミックを執筆するようになる。

その後OLを辞めプロデビューし、いくつかの成人向け漫画を執筆のち、『V.G.NEO』でアダルトゲームの原画家デビューした。また、『ご愁傷さま二ノ宮くん』でライトノベル挿絵を担当するイラストレーターとしても活動、現在に至る。  

画風[ソースを編集]

影響を受けた作家は高橋留美子甘露樹みつみ美里。高橋の絵を幼少の頃よく真似して描いていた。セガサターン版『Pia♥キャロットへようこそ!!2』で、甘露・みつみの描く訴えるようで表情を確定させない瞳や、繊細なデザインの一枚絵に影響を受ける。

自身で注意している点は立体感・質感を持たせること。

元気で素直な女の子の絵、セーラー服、プリーツのスカート、リボンが好み。

作品[ソースを編集]

漫画[ソースを編集]

  • そして、僕は恋をする
  • 私立蘭丸学園
  • 夜と月と猫の寓話

イラスト・挿絵[ソースを編集]

トレーディングカードゲームイラスト[ソースを編集]

アダルトゲーム原画[ソースを編集]

画集[ソースを編集]

同人活動[ソースを編集]

高苗床』(たかなえどこ)という同人サークルを主宰している。

参考文献[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]