高秀樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

髙 秀樹(たか ひでき)は、日本財務官僚静岡県副知事や、財務省主計局主計官財務省会計センター次長財務省北海道財務局長等を歴任した。

人物・経歴[編集]

北海道札幌市出身。1977年国税庁札幌国税局入局。1984年大蔵省転籍。法政大学法学部卒、法政大学大学院修了[1][2]財務省主計局主計官補佐、渋谷税務署副署長、財務省大臣官房専門調査官等を歴任。2009年財務省主計局総務課課長補佐。2012年静岡県企画広報部理事(内陸フロンティア担当)[3]

2014年には難波喬司氏とともに静岡県副知事に選任され[3]産業成長戦略人口減少対策を担当[4]

2015年財務省主計局主計官[5]。2016年財務省主計局司計課長兼会計センター次長兼主計監査官[6]。2017年財務省北海道財務局[7]

2018年依願退官[8]クリーンエネルギー総合研究所株式会社代表取締役社長[9]

2019年株式会社ビックカメラ顧問豊島ケーブルネットワーク株式会社代表取締役社長[10]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「道財務局長に高氏が就任」日本経済新聞2017/7/8付
  2. ^ 十勝毎日新聞社 (2017). 2017年7月27日「国と地元のパイプ役に」高財務局長会見. 
  3. ^ a b 新副知事2氏、全会一致で同意 県政初3人体制スタート 静岡産経ニュース2014.5.16 02:04
  4. ^ 土屋氏が副知事就任へ 伊豆半島振興を担当 静岡産経ニュース2015.7.8 07:01
  5. ^ 「人事、財務省 」日本経済新聞(2015/7/14 21:30)
  6. ^ 人事、財務省 日本経済新聞(2016/6/17 20:52)
  7. ^ 「北海道財務局の高秀樹局長来社あいさつ」函館新聞2017年11月15日 3時00分
  8. ^ 「財務省人事(7月27日」産経ニュース2018.7.27 23:15
  9. ^ 国家公務員法第106条の25第1項等の規定に基づく国家公務員の再就職状況の報告(平成30年10月1日~同年12月31日分)平成31年3月26日 内閣官房内閣人事局
  10. ^ 国家公務員法第106条の25第1項等の規定に基づく国家公務員の再就職状況の報告(令和元年10月1日~同年12月31日分)”. 令和2年3月27日 内閣官房内閣人事局. 2020年3月27日閲覧。


先代:
原田要暢
財務省北海道財務局長
2017年 - 2018年
次代:
志村仁