高橋徳右衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 徳右衛門(たかはし とくえもん、1845年弘化2年5月[1])- 1915年大正4年)4月28日[1])は、明治時代の政治家実業家銀行家大地主[2]貴族院多額納税者議員。幼名・幸治郎[3]

経歴[編集]

陸奥仙台藩栗原郡若柳村(若柳町を経て現栗原市)に生まれる[2]1884年(明治17年)若柳村会議員に当選[1]。ついで宮城県会議員、栗原郡会議員、同参事会員のほか、栗原郡岩ヶ崎製糸会社社長、塩釜水産、第八十八銀行各取締役、第七十七銀行監査役などを歴任した[1]。ほか、仙台米穀取引所の設立に関与した[2]

1900年(明治33年)宮城県多額納税者として貴族院議員に互選され、同年11月29日[4]から1904年(明治37年)9月28日まで在任した[1]

親族[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 衆議院、参議院 編 1960, 200頁.
  2. ^ a b c 竹内ほか 1994, 372頁.
  3. ^ a b 『宮城県百科事典』652頁。
  4. ^ 『官報』第5225号、明治33年11月30日。

参考文献[編集]

  • 衆議院、参議院 編 『議会制度七十年史 第1』 大蔵省印刷局、1960年https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3034963 
  • 『宮城県百科事典』河北新報社、1982年。
  • 竹内理三ほか 編纂 『宮城県姓氏家系大辞典』 角川日本姓氏歴史人物大辞典4、角川書店、1994年。ISBN 4040020405