高橋嘉太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高橋嘉太郎

高橋 嘉太郎(たかはし かたろう、嘉永5年2月7日[1]1852年2月26日) - 昭和3年(1928年12月18日[2])は、日本の衆議院議員立憲政友会)。

経歴[編集]

陸奥国和賀郡二子村(現在の岩手県北上市)出身[3]。高橋嘉兵衛、ツギ夫妻の長男として生まれる[4]1873年(明治6年)に二子村戸長となり、岩手県御用掛、岩手県会議員、同常置委員を歴任した[5]1897年(明治30年)、県会議員を辞し、岩手毎日新聞社の経営にあたった[5]。その他、和賀郡農会会長、岩手県農会副議長を務めた[5]

1908年(明治41年)、第10回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。第13回衆議院議員総選挙でも再選された。

1928年(昭和3年)12月18日、岩手毎日新聞社社長在任のまま病没[4]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1962年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第5版』人事興信所、1918年。
  • 鷹居匡『第二十八議会衆議院議員写真列伝』経済時報社、1912年。