高橋周司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高橋 周司
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 徳島県
生年月日 1955年(66 - 67歳)
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

高橋 周司(たかはし しゅうじ、1955年 - )は、徳島県出身の元アマチュア野球選手(投手)である。

経歴[編集]

鳴門工高では1973年に、エースとして春夏の甲子園に連続出場[1]。いずれもチーム初出場であった。春の選抜では3試合に完投勝ち、準々決勝では天理高佐藤清と投げ合い完封勝利を飾る。しかし準決勝で横浜高永川英植に抑えられ1-4で敗退[2]。同年の夏の選手権は2回戦で、この大会に優勝した広島商佃正樹に完封負けを喫する[3]

亜細亜大学に進学。当時の東都大学野球リーグ駒大の全盛期であり、優勝には届かなかった。1977年秋季リーグでチームは3位にとどまるが、好投が評価され最優秀投手、ベストナインに選出された。リーグ通算36試合登板、11勝6敗。大学同期に投の二本柱であった矢野隆司三塁手古屋英夫がいる。

大学卒業後は社会人野球日本鋼管福山に進む。主にリリーフとして起用され田村忠義ら先発陣を支える。1982年都市対抗では明治生命との準決勝で内山田慶弘を5回からリリーフし好投、勝利投手となる。決勝では住友金属に敗退するが準優勝と健闘した[4]。1985年限りで現役引退。

脚注[編集]

  1. ^ https://www.jiji.com/sp/v?p=ziku-koushien_narutouzushio
  2. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  3. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  4. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年