高橋てつや

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高橋 哲哉
生誕 ????????
職業 漫画家イラストレーター
公式サイト モエモエカフェ
テンプレートを表示

高橋 てつや(たかはし てつや)は、日本漫画家イラストレーター同人作家。同人誌でのペンネームは、しっと。2014年7月からは本名の高橋 哲哉(読みは同じ)で活動中[1]

人物紹介・経歴[編集]

  • 2002年頃によしの(成年向け雑誌を中心に商業活動中)と2人で同人サークル「モエモエカフェ」を結成しホームページ開設。
  • 2003年、『おジャ魔女どれみ』のオンリーイベントにて初の同人誌を発表。
  • 2004年、日記や『ふたりはプリキュア』のレビューなどが話題になり様々なニュースサイトに紹介され人気サークルとなる。同年によしのが脱退して、しっと(高橋)の個人サークルとなる。さらに同年、『ふたりはプリキュア』と『もえたん』を組み合わせてパロディ化した同人誌「ほのたん」がコミケおよびとらのあななどの同人ショップで爆発的な人気を呼び、飛躍的に知名度が上がる。さらに続編である「honotan2」上下巻も爆発的に売れ、その評判は東映アニメーションの『ふたりはプリキュア』スタッフの耳にまで届き、2006年に発行された「ふたりはプリキュアMaxHeartビジュアルファンブック2」(講談社)に同人作家としては異例の抜擢をされイラストを寄稿することとなった。2005年に広告代理店アサツーディ・ケイに就職し会社員と並行して同人活動を続けるが、2006年に秋田書店の編集者からオファーを受け、サンシャインクリエイションの表紙及びとらのあなのオリジナルグッズのために考案したキャラクター「ペンギン娘」を漫画化し、『週刊少年チャンピオン』に短期集中連載を開始、後に正式連載する。執筆に専念するため退社し、現在は会社員ではない。
  • 2007年には『もえたん』のアニメ化に伴いコミカライズ版を『ゲームラボ』の付録小冊子に連載。当初全4話の予定が1話延長し全5話で完結。
  • 2008年、2006年から『週刊少年チャンピオン』に連載していた「ペンギン娘」が『チャンピオンRED』に移籍し、「ペンギン娘MAX」と改題して連載。
  • 無類の百合好きであり、「ペンギン娘」、「もえたん」共に女性キャラ同士の友情などを重点的に描いている。その反面、男性キャラを描くことが苦手。
  • 漫画家という職業柄か、栄養ドリンクを日常的に愛飲しており、同人作家時代に日記のネタとして頻繁に登場させていた。そのため同人イベントでは差し入れの栄養ドリンクが大量に贈られることもあった。ホームページには「リポビタンD」のサイトがリンクされている。
  • アニメ「ペンギン娘はぁと」の第1話に生徒会選挙の立候補者役で声優として出演した。
  • 2008年11月3日に秋葉原で行われた「ペンギン娘はぁとエンディングテーマCD発売記念イベント」に急遽ゲスト出演した。

作品一覧[編集]

連載中[編集]

高橋哲哉名義

連載終了[編集]

高橋てつや名義

同人作品[編集]

  • ほのたん - 2004年、コミックマーケット66にて頒布。18禁。
  • honotan 2上巻 - 2004年、コミックマーケット67にて頒布。同上。
  • honotan 2下巻 - 2005年、サンシャインクリエイション27にて頒布。同上。

イラスト[編集]

  • 「自由」(ガンガンONLINE2009年11月12日)
  • 「自由」(ガンガンONLINE2010年5月6日)

[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 公式サイトの2014年7月1日付け記事「■ ペンネーム変えました」

外部リンク[編集]