高尾アパート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯34度49分44秒 東経134度41分03秒 / 北緯34.828865度 東経134.684039度 / 34.828865; 134.684039

解体前の高尾アパート(旧・姫路モノレールの大将軍駅)

高尾アパート(たかおアパート)とは、兵庫県姫路市高尾町96に存在した公団住宅の名称。

概要[編集]

1966年日本住宅公団によって建築されたビルディング内にあった。1階と2階は商業施設が、3階と4階は姫路市営モノレール大将軍駅が入り、5階から10階が賃貸住宅という珍しい形態であった。ビルに設置されていた大将軍駅は、姫路市のターミナル駅である姫路駅との距離が600メートルで、モノレールを待つよりも姫路駅まで歩いた方が早かったことなどから、開業後2年で廃駅となった。

ビル全体がモノレールのレールのカーブに合わせた曲線を描いた未来的で特異な構造であることから、廃駅後も廃墟マニアや廃線マニアに長年親しまれた。

歴史[編集]

1966年 竣工。

1968年 大将軍駅を閉鎖。以降はモノレールの通過駅になる。

1974年 姫路モノレールが休止。

2013年 都市再生機構耐震上の理由から高尾アパートの解体を決定[1]

2016年8月 解体前に大将軍駅の最後の一般公開が開催された[2]

2017年11月 ビル跡地に打ち込まれていたH形鋼杭基礎が変形し、引き抜きが難工事になることが判明。振動を伴う工法を使えば抜けるものの、民家が多い地域ということもあり「地中の基礎部分の解体が困難」として、姫路市が跡地の本格開発を中止する方針を表明[3]

2017年12月 ビル跡地を観光バスの駐車場として暫定利用する方針を表明[4]

脚注[編集]

外部リンク[編集]